ドラマ「ウロボロス」あらすじ第5話~イクオ、撃たれる~

美月から
「もしも反社会勢力(段野竜哉)とつながっているのなら
私の前から消えてほしい」といわれたイクオだったが
公安・ゼロとの戦いはもう止められない・・・・・・

Sponsored Link

呼び出しを受けて入った社長室だったが
すでに社長は死んでいて
竜哉は手がかえりを探しはじめる。

するとそこへ、公安・ゼロのふたりがやってきて竜哉に襲いかかる。

竜哉は足を撃たれ、逃げることができなくなる。

が、竜哉を尾行してやってきた蝶野によって救われる。

蝶野は公安のやり方が嫌いだと言い放ち、公安を敵に回すことになる。

竜哉は蝶野が社長の遺体を確かめに行っている間に逃走。

闇医者のもとへ行き、足を治療する。

そしてイクオに結子先生の写真を見せ、警察官だったことを知らせる。

竜哉は自分を襲ったのが公安だと知り、

公安とずぶずぶの関係だといわれている敵対組織「山城会」を探り始める。
 
 
山城会の会長は、公安ゼロとも裏取引をする関係だった。

が、北川総監が何者かに狙撃され負傷した事件の容疑者として

山城会は壊滅状態に追い込まれる。

山城会長は逃亡を続け、

竜哉の組に連絡をよこすまで窮地に。

姐さんの命令で、山城会長の隠れているクラブに迎えに行く竜哉。

しかしそこには、ほぼ同時に警察がなだれ込んでいた。

クラブに詰めかける刑事たち。

山城組長を探し、歩き回る竜哉。

姐さんに聞いた電話番号にかけると、山城会長は竜哉を公安と勘違いし、

「まほろばの証拠はすべて息子に持たせた」と告げる。

竜哉はそのあと、電話越しに銃声を聞く。

スナックの裏手にあるコンテナでは、公安ゼロによって山城会長が始末されていた。
 
 
一方、竜哉の件で公安ににらまれることになった蝶野は
尾行されていることに気付き、駐車場で迎えうつ。

が、その相手はなんと自分の相棒だった。

相棒は蝶野に向けて発砲し、泣きながら謝罪した。

しかし蝶野は防弾チョッキを着ていて無事。

相棒を羽交い絞めにし、理由を聞いた。

相棒は横領の罪がばれて、蝶野を殺すようにと命令されたといった。

そして、駐車場から逃亡。

呆然とする蝶野のもとに着信が。

電話に出ると、公安からで「これ以上、関わるな」と警告される。

翌日。

相棒は河川敷で拳銃自殺を図ったとして、遺体で発見された。

蝶野は、公安に消されたのだと悟る。
 
 
第6話へ続く
 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す