ドラマ「ウロボロス」あらすじ第4話~ユイコ先生は警察!?~

イクオの記憶がよみがえり、
犯人のうち1人を撃ったのはユイコ先生だった。
一体、ユイコ先生は何者なのか、謎が深まる。

Sponsored Link

ウロボロスあらすじ第1話はこちら

ウロボロスあらすじ第2話はこちら

ウロボロスあらすじ第3話はこちら
 
 
4話から新宿署ではなく
本庁の捜査一課に配属されたイクオ。

また、竜哉も組内で出世の道を歩んでいた。

組長の妻に呼び出された竜哉は
「これからは稼ぐ能力のある人物が必要」と出世の後押しを約束される。

いよいよ「組長」と呼ばれる日も近い、と
竜哉はイクオに告げるがイクオの表情は複雑。
竜哉は、目的のために決めた道だとさとす。

そんなふたりは
例のホームレスの男が所持していた遺品から
ホームレスが以前勤めていた企業を知る。

その企業は健康食品やサプリなどを扱う会社だったが
取引先はすべてダミー企業。
しかも警察OBばかりが役員に名を連ねており、
会社の場所は、まほろばのすぐそばだった。

竜哉は制服警官になりすまし
イクオと共にその会社を訪れた。

そこで竜哉は
秘書の女性を手なづけ
こっそり社長のパソコンの中身をUSBにコピーする。
 
 
一方、イクオの転属に納得のいかない美月は
父親に電話をかけて抗議する。

しかし父親の日比野は
「そんなに長く離れ離れにならないかもしれないよ」と意味深な答えではぐらかす。
 
 
その頃、イクオは捜査一課に到着。
イクオの班は全員、警察官連続殺人事件の捜査でもぬけのからだった。

おおやけにはされていないが、
署長クラスの幹部3名が何者かに殺害され、
遺体をバラバラにされたうえで
段ボールに詰められていた。

イクオは捜査一課で
がんこおやじのようなベテラン刑事・坂東とコンビになり
この事件を追うことに。

イクオをまったく相手にしない坂東。
死にたくなかったら所轄に帰れ!と罵倒する。

しかし引き下がらないイクオは
証拠品などが保管されている所轄についていく。
その所轄で友好的な若い刑事・中島と出会う。

中島から坂東のことを聞いているとき
イクオは段ボールの中で携帯電話のバイブ振動を察知する。

その段ボールを開けると
「坂東」という着信を表示するスマホと
そのスマホの持ち主のバラバラ死体が入っていた。

実は殺された警察官たちと坂東は同期で
犯人は確実に同期の仲間を狙っていた。
 
 
翌日、
坂東はイクオに何も言わず単独行動。

イクオは坂東の家を訪ねるも不在。
夜まで待ったが坂東が帰らないので
出直そうとしたところ
坂東が日本刀を持ったバイクの男に襲われる現場に出くわす。

怪我を負うも
イクオの助けによって一命を得る坂東。

病院に搬送され、手当てを受ける。
そこで坂東が持っていた写真を預かり、科捜研で解析を急ぐ。

科捜研でデータを見ているうちに
犯人がわかったイクオは
美月を残して走っていく。
 
 
場所は変わって坂東の入院している病院。

一人の清掃員が坂東の病室の方へ、清掃具の入った大きなかごを押しながら歩いていく。

清掃員は、見張りの警察官に挨拶するなり、羽交い絞めにし意識を失わせる。

坂東の部屋に入った清掃員は、かごの中に坂東を入れてエレベーターへ。

清掃員はエレベータにかごだけ積み込み、階段で下へ行こうとする。

そこに
医者に扮した竜哉が現れ、エレベーターに乗り込む。
扉が閉まり、かごを開けた竜哉は
口にガムテープを貼られた坂東を発見。
中身を入れ替えた。
 
 
エレベーターが地下に着き
清掃員と竜哉の格闘がスタート。

逃げようとした清掃員にイクオがとびかかる。

清掃員のマスクと帽子がとれ
そこにいたのは所轄の刑事の中島だった。

ものかげからゆっくりと現れる坂東。

あとのことはイクオにまかせ
その場をさる竜哉。

そこで中島は坂東ら同期を狙ったのかを話し出す。

中島の父は坂東たちと同期で
ただただ真面目な男だった。

しかし。
坂東らが強引な捜査をして
大きく活躍するツケをひとりで背負わされ
田舎の派出所に追いやられたのだった。

そこから父は精神を病み、妻を殺し
息子である中島のことも虐待していた。
その恨みから
坂東ら全員に復讐しようとしていたのだった。

中島を見ていると
イクオの頭痛が発生。

また20年前のことを思い出したのだった。
 
 
中島が逮捕され、取り調べが行われた。

復讐にいたった経緯については
中島のもとに、父が坂東らの責任をかぶせられたという証拠が送られてきたことで
父が壊れていった原因を知ったという。

誰がそれを送ったのか。
警察組織の闇が深まった。
 
 
そして。
竜哉のもとに
あの医薬品会社の社長から電話が入る。

竜哉のこともイクオのことも20年も前から知っている
情報をやるから取引をしようと持ちかけてきたのだった。
 
 
竜哉は事の次第をイクオに伝え、
ひとあし先に医薬品会社を訪れる。

建物の中に入ると
社長室だけに明かりがついていた。

扉を開けると、そこには社長が机にうつぶせで死んでいた。
こめかみには銃で撃った形跡があり、
手には銃を握りしめていた。

「自殺・・・なわけねぇか」と竜哉は社長の死体の身辺に目をやる。

すると足元に書類が散らばっており
20年前の子供だったころの竜哉とイクオの写真と経歴書が落ちていた。
まほろばにいた子供たちのものも全部。

そして。

ユイコ先生の写真も落ちていた。
しかしそこに写っていたユイコ先生の姿は
警察の制服を着ていたのだった。
 
 
第5話あらすじへと続く
 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す