エルヴィンら調査兵団の死をもって、猿巨人を討ち取る作戦がついに決行。進撃の巨人あらすじ<前編>ネタバレあり

ベルトルトの巨人化による爆風で、ハンジらは生死不明。
猿巨人の投石により、調査兵団はことごとく死亡。
エルヴィンは生き残った団員に最後の指令を送る。

Sponsored Link

調査兵団は壊滅。リヴァイはエルヴィンに、エレンを連れて逃げるよう促すが・・・

ベルトルトは、超大型巨人の身体から放出される熱をまき散らし、エレンの街に火をつける。現状をまだ把握できていないリヴァイらのもとに、猿巨人が投げた石が飴のように降り注ぐ。調査兵団のほとんどはその投石により死亡。残ったのは、馬を逃がしていた新兵たちだけ。パニックになる新兵たち。エルヴィンは大敗北を確信し、最期の作戦を内に秘めていた。

そこへリヴァイが戻り、「何か策はあるのか」と問う。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

進撃の巨人(20)限定版 [ 諫山創 ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2016/8/1時点)

リヴァイらの頭上に、吹き飛ばされた巨人のエレンが

街を破壊するベルトルトに対し、エレンはまともにぶつかり吹き飛ばされる。ウォールマリアの壁の上に突き刺さったエレンを見て、リヴァイはエルヴィンに「敗走の準備をするぞ」「エレンにお前を何人かを乗せて逃げろ」と言い、自分はできるだけ多くの生存者を残すために戦うと告げる。「お前とエレンが生きて帰ればまだ望みはある」と。

エルヴィンはそんなリヴァイに、胸の内を打ち明ける。

「ここにいる新兵と私の命を捧げれば、獣をしとめることができるかもしれない」

エルヴィンは、考え付いた最後の作戦を決行すれば、猿巨人仕留められるかもしれないと思っていた。しかしそれには、新兵たちに一流の詐欺師のように体のいい方便を並べなくてはいけない。そして自分が先頭を走り、真っ先に死ぬだろうことがわかっていた。が、それでは自分は「地下室になにがあるのか」を知らずに死ぬことになる。手の届くところにそれがあるのに、知ることができない。

迷うエルヴィンにリヴァイは告げる。

「俺は選ぶぞ」

「夢を諦めて死んでくれ。新兵たちを地獄に導け。獣の巨人は俺が仕留める」

エルヴィンはかすかに笑みを浮かべた

titan20001

調査兵団、最期の特攻。エルヴィン死す

「我々はここで死に、次の生者に託す!」

進撃の巨人20巻あらすじネタバレ画像あり

生き残った調査兵団のメンバーは、エルヴィンを先頭に猿巨人に向かって馬を走らせた。

titan20003

降り注ぐ石の雨に、次々と倒れていく調査兵団たち。エルヴィンも腹に石をうけ、貫かれ落馬する。

リヴァイは、猿巨人のそばに整列していた巨人をつたって、ひそかに標的に近づく。そして、調査兵団の特攻に気をとられていた猿巨人を撃破。

titan20005

titan20007

titan20008

中身の人間をとらえたところで、リヴァイは巨人化の薬を誰かに使用できないかと考える。誰かひとりでも生き残っていれば・・・とエルヴィンの顔を思い浮かべるが、そこへ荷運びをしていた敵の巨人が襲い掛かり、猿巨人の男をくわえて逃走。ほかの巨人に、リヴァイを殺せと命令する。

titan20009

猿巨人をしとめるとエルヴィンに誓ったリヴァイは、残り少ない武器と体力で巨人の集団に戦いを挑む。

titan20010

一方、エレンら104期の前には、復活したライナーが迫る

エルヴィンら調査兵団が玉砕した頃、アルミンやミカサの前には復活したライナーの鋼の巨人が迫っていた。ライナーは記憶を多く失いながらも、エレンを奪って逃げることを目標に定め、近づいてくる。絶望するじゃんやコニー、サシャに対して、アルミンは作戦を告げる。そして、ベルトルトに吹き飛ばされ倒れているエレンのもとに向かい、「海を見に行くよ」と起こす。

titan20013

続きは【あらすじ後編へ】

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

進撃の巨人(20)限定版 [ 諫山創 ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2016/8/1時点)




スポンサードリンク



     

コメントを残す