エレンの父はすでに死んでいた~エレンとクリスタの巨人化~

エレンとクリスタ奪還のために
レイス家のあった地域へ向かう調査兵団一行。
そこでハンジから
レイス家に起きた惨劇を聞くアルミン達。

Sponsored Link

話は、クリスタの目の前で
クリスタの母が殺された時にさかのぼる。

なぜ、クリスタの母が殺されることになったのか
なぜ、クリスタはひとり逃がされたのか
それは「レイス家の惨事」に理由があった。

そもそも時系列で整理すると

超大型巨人&鋼の巨人による
ウォール・マリア破壊

エレン・ミカサ・アルミンら
シガンシナ区の住民は
ウォールローゼに非難する

エレン父・失踪
レイス家を惨事が見舞う

クリスタの母、殺害
ヒストリアはクリスタとして生きることになる

という流れになります。

ハンジによれば
これがわずか数日間の間に起きていたという。

(えらい忙しいなこの数日間)

Sponsored Link

そもそもレイス家には
愛人の子・ヒストリア(クリスタ)以外に
正妻の子が5人もいて

正妻と5人の子は
「惨事」の際に全員が亡くなったということ。

5人の子のうち
長女・フリーダは
すでに何度か登場してきた女性。

農場にいたクリスタに絵本を読みきかせていた
麦わら帽子の女性。

そして、エレンがときどき見る記憶
(前世説なども色々ありましたが)
鏡に向かっている女性。

これが長女フリーダです。

進撃の巨人レイス家長女フリーダ
 
 

フリーダは人の記憶を操ることができたようで
ヒストリアの自分と出会った記憶を消していました。

このフリーダは
領民からも愛されていて
とても人望のある人物だったもよう。

そんな長女含め
レイス家5人の子供たちと妻、
そしてレイスパパは
ウォール・マリアが破壊されたことを知り
教会で祈りをささげていました。

ハンジによると
その教会が一夜にして崩壊し
(族の襲撃を受けたことになっている)
レイスパパ以外の全員が死亡したと。

しかし
頑丈な石造りの教会が破壊されるほどの兵器を
族が持っていたのかという疑問、
レイスパパがあっという間に教会を建造しなおしたことなど
疑問だらけ。

ハンジは
巨人が出現したに違いない
そう判断していた。

ここでアルミンは思いだす。
巨人を食うことで力を引き継ぐということは
エレンは一体、最初に誰を食べたんだろうかと。
進撃の巨人最新刊ネタバレ
 
 
さて、
そんなフリーダの記憶を見る(持っている?)エレンですが
クリスタと一緒に攫われて
とある教会のような神殿のような
光を放つ森のような場所で目を覚まします。

進撃の巨人エレングリシャ殺害

両手両足を拘束されたエレン。
クリスタとレイスパパ、
そしてケニー・アッカーマンだけがそこにいた。

レイス家ヒストリア巨人化

エレンが目を覚ますと
クリスタはエレンにいう。

お父さんは
人類の味方なの、と。

(完全に洗脳されている)

レイスパパは
クリスタと共にエレンに近づき、
背中に手をあて「記憶」を見た。

その記憶には
レイス家の惨劇、エレンとエレンの父に起きた悲劇が。

進撃の巨人クリスタ巨人化の謎

進撃の巨人エレングリシャ巨人化

進撃の巨人レイス家教会真実

父・グリシャは巨人化することができ
あの日
「2つ上の街へ診療に行く」といってでかけ
レイス家が集まっていた教会に行き
長女フリーダらを食べた。

クリスタに似た巨人はフリーダ。
グリシャと戦うも破れ、食われる。

そして
グリシャは息子のエレンに
自分を食べさせることで
力を引き継いだ。
 
 
父は行方不明になったのではなく
エレンが巨人になり食べていた。

残酷な真実が明らかになった15巻でした。
 
 
15巻付属DVD「悔いなき選択」あらすじは次のページへ

「進撃の巨人16巻」あらすじは次のページへ

進撃の巨人「関西弁版」が登場!その中身は?見どころは?




スポンサードリンク



     

コメントを残す