ネガティブには意味があるはず、と思ってがんばろう

ネガティブなライターが
少しでも生きやすくするために
日々、試行錯誤しています・・・

Sponsored Link


あなたは
「ネガティブだね」と
指摘されたことはありますか?
栗原類ネガティブ
 
栗原さんと、とても気が合いそう。
 
 
先日の飲み会で、
私には
愕然とした出来事がありました。
 
後輩ライターと
楽しく話していた時のこと。
後輩ライターはこう言ったのです。
 
「椿さんのクライアントと
私のクライアントを
もしも交換したら、
私は生きていけなさそうー」
 
理由はなぜかと問いました。
すると、
「だって、電話で
めちゃめちゃ
謝ってるじゃないですかー
私はおうへいな感じで
話してしまうから、
あんなに謝れませんよ笑」
 
後輩ライターの話を聞いて、
愕然としましたね。
私のクライアントは
ミスを犯してしまったときも
決して刷り直せと言わなかったし
担当の女性は
とても穏やかな方なんです。
 
それが
私が無意識に発している
すみません、すみません、
のせいで
とても怖いクライアントと
思われていたんです。
 
うわーσ^_^;
これはさすがにやばいかも。
 
 
昔、少しでも
ネガティブを治そうと
 
すみません、を
ありがとうございます、に
しようと心に決めたのですが
時と共に
また元に戻ってしまっていたようです。
 
 
しまった。
これはまた意識して治さねば。
 
 
そもそも
校正という
アラさがしを職業とする
コピーライターなんて、
ネガティブでないとやっていけません。
 
が、日常の言動まで
ネガティブである必要はないのです!
 
なんとかがんばって治してみせようではないか!
 
 
こちらの記事もぜひ☆
超ブラックな制作会社で働いていたエピソード
 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す