アルミンが巨人ベルトルトに挑む!丸焦げが悲し過ぎる・・・!

超大型巨人を倒す策をエレンに伝えたアルミン。
ミカサら104期生の生き残りは、ライナーを前に雷槍を装備する。

Sponsored Link

超大型巨人の弱点に気づいたアルミン

titan20011

進撃の巨人最新あらすじネタバレアルミン死ぬ

打つ手なし、と思われた超大型巨人・ライナーだが、アルミンはある弱点気づく。

超大型巨人が放つ熱風は、巨人の肉体の筋肉を燃やして出しているものであり、放出し続けると痩せ衰えていくのだった。

titan20013

このことに気づいたアルミンは、ミカサ・ジャン・コニー・サシャに対して、復活したライナーをまかせ、自らはエレンと共にベルトルトを倒すと宣言。

「この作戦がうまくけば 僕は海を見にいけないな」

アルミンは、超大型巨人にふっとばされて壁に激突したエレンを起こしにいく。そして作戦を説明し、エレンと共に打倒ベルトルトを誓う。

titan20017

titan20018

復活したライナーvs104期。ミカサ、ジャン、コニー、サシャの運命は?

titan20014

アルミンの秘策を成功させるべく、ミカサらは復活したライナーの前に立ちはだかる。
残る雷槍は3本。ライナーの両あごに1本ずつぶち込み、アゴが開いたところに、ミカサが最後の1本を撃ちこみ、うなじにいるライナーを爆発させる作戦を決行する。

コニー、サシャが雷槍をライナーに打ち込むが、1本が失敗におわり、完全にはアゴが開かない。それでもやるしかない、とミカサが行動しようとしたそのとき、超大型巨人の爆風に飲み込まれたかと思われたハンジが、雷槍を携え登場。

titan20015

ライナーのもう片方のアゴを破壊し、見事にあごが開いた。そこへミカサが、最後の一撃をくらわせる。鋼の巨人の頭部は大爆発し、中にいたライナーは飛び出すのだった。

titan20016

ベルトルトは、エレン・アルミンに迫る

アルミンは、ベルトルトを倒すために自らを犠牲にする秘策を思いついていた。
薄々そのことに勘づくエレンに対し、アルミンは「海を見るまでは死ねない」という。

titan20018

いよいよベルトルトが接近し、作戦に移行しようとするふたり。
しかしエレンが脳しんとうを起こし、壁から転落。気を失って動かない。アルミンは予定通り、熱を放ち続けるベルトルトに正面から向かい、アンカーを超大型巨人の歯に突き刺す。

titan20019

アルミンの計算通り、超大型巨人の熱は筋肉の燃焼によるもので、アンカーを刺した歯は燃焼されない。アルミンは超大型巨人の熱にあぶられ続けて、エレンの一手を待つ。

「エレン 海を見てくれ」

全身を熱であぶられ続けたアルミンは、大やけどを負いながらもアンカーを持つ手をまだ離さない。そんなアルミンを不審に思いながらも、ベルトルトは壁の下で倒れているエレンを横目に、熱の放出をやめない。

titan20020

ついにアルミンに限界が訪れる。アンカーから手が離れ、全身丸焦げになったアルミンは、家の屋根に落ちるのだった。

そして。ベルトルトは倒れている巨人のエレンの異変に気付く。そこにあったのは、硬質化したエレンの残骸だった。

titan20021

titan20022

「殺った(とった)」

立体機動装置でベルトルトの後ろにまわりこんだエレンは、筋肉を消耗した超大型巨人の肉を削ぎ、ベルトルト本体を奪取に成功。ベルトルトをひきずりだし、アルミンのもとへ。

titan20023

「わかってたはずなのに・・・お前が誰より勇敢なことくらい」

 

コミック21巻へ続く

この他の記事はこちら

リヴァイ兵長の過去「悔いなき選択」あらすじ

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

進撃の巨人(20)限定版 [ 諫山創 ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2016/8/1時点)




スポンサードリンク



     

コメントを残す