耐水圧10000mmは高いか低いか?数値をわかりやすく解説!

キャンプやバーベキューで購入するテントやレインコート。
耐水圧10000mm、5000mmって、どれを選べばいいの?
耐水性や浸透圧の基準について、わかりやすく簡単に説明します。

Sponsored Link

キャンプ用品やウエアを購入するとき、
「耐水圧」や「浸透性」という数値が書かれています。

気軽に出かけるためのテントやウエアなら、
10000mmと書かれている用品が多いですが、
それってどれくらい強いもんなの?

キャンプ用品の耐水圧基準値

「耐水圧」とは、
雨や雪が降ってきたときに、
生地の中に水が浸み込まずに耐えられるという数値です。

「浸透性」とは、
自分の身体から発生する汗や水蒸気を、
外に逃がしやすいかどうかという数値です。

どちらも数値が高い方が、高機能・高価格です。
特に、ウエアの場合は、
浸透性の数値が高い方が、蒸れにくくて快適です。
 
 
では、テントの場合は、
一体どれくらいの「耐水圧」があれば大丈夫なのでしょうか?

耐水圧の基準は、
20,000mm=嵐
10,000mm=大雨
2,000mm=中雨
300mm=小雨  と定められています。

 

わかりやすく例えると、
コンビニなどで売られている「ビニール傘」は
500mmくらいの耐水圧
です。
 
 
「けっこうな大雨だな」という場合でも、
ビニール傘のビニール生地から、雨が浸み込んでくることはまずないですよね。

浸み込んでくるとしたら、
生地から直接ではなく、
まずは傘の中心部の接続部からでしょう。
 
 
つまり、都心部からほど近い山で、
すぐに下山できるようなキャンプ場程度であれば、
耐水圧5000mmや10000mmで十分だということです。

「耐水圧が高い方が、いいじゃん」
と思うかもしれませんが、
水を通しにくいということは、
必要以上に密閉空間を作り出すので、
蒸れて不快な環境になるということにご注意を。
 
 
また、
生地の表面の「耐水圧」の数値がいくら高くても、
水は結局「生地の縫い目」や「金属との接続部分」から、
先に染み込んできます。

つまり、テントに水をしみこませたくない場合、
縫い目のない「シームレス加工」の製品を購入することがお薦めです。

このような商品は、シームレス加工がされていて、
縫わずに「熱圧着」で生地を接着しているか、
または「シームレステープ」という縫い目を保護する防水テープで加工してあります。

近年はゲリラ豪雨や集中豪雨の心配もあるので、
小さいお子さんがいる家庭では、
「耐水圧」と同じく「シームレス加工」かどうかもチェックした方が良いかもしれません。
 
 
ちょっとキャンプをするだけならば、
テントのように全体が覆われていない「タープ」もお薦め。

日よけや、直射日光から食材を守るくらいであれば、
全体が覆われていなくとも十分役割を果たしてくれます。

 
 
かわいらしいデザインのテントやタープも、
たくさん登場しているのでチェックしてみてください☆
 
 
☆続いての記事はこちら☆
車中泊やミニキャンプで活躍!いろんな「寝袋」大集合!!

☆こちらの記事もおすすめ☆
キャンプや登山、緊急時に備えたい「最新の非常食おやつ」セレクト!
 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す