綾野剛主演「新宿スワン」あらすじと感想

綾野剛主演映画「新宿スワン」。
伊勢谷友介、山田孝之、沢尻エリカら
豪華キャストが勢ぞろいでしたが・・・

Sponsored Link

「新宿スワン」は
原作:和久井健氏による漫画で
新宿歌舞伎町を舞台に
スカウトマンたちの抗争を描いた作品です。

主人公の白鳥龍彦を演じるのは綾野剛。

今をときめく実力派俳優です。

新宿スワンあらすじネタバレ

映画作品では
龍彦が金もアテもなく
新宿歌舞伎町にいたところを

一流スカウトの真虎(まこ)さんに
拾われたところから始まります。

原作ではパチンコですって~のくだりですが
映画では不良たちと喧嘩してボコボコにされている
ところを真虎さんに助けてもらいます。
 
 
そんなこんなで
龍彦はスカウト会社「バースト」に所属し
会社の上層部にいいように利用されながらも
真虎さんに助けられて成長していきます。

漫画と違って
映画は2時間弱ですから
最初から終わりまで
龍彦はへっぽこ新人スカウトのままです。

腕っぷしは強くて
勢いで生きていく感じ。

基本的には原作の筋で進みますが
設定が違ったのが
ヒデヨシです。

同級生だったヒデヨシと龍彦は
ケンカの弱いヒデヨシを
龍彦が助けていたという内容が

ヒデヨシは昔
龍彦を刺そうとして
かばった仲間を半身不随にして
少年院に入っていたということになっていました。
 
 
キャストは豪華だし
内容もまぁまぁおもしろいし
満足ではあるのですが

なんというか
よくもわるくも「うまくまとめたな」という仕上がりでした。
70点ですかね。

脚本に鈴木おさむさんが入っていたので
作品としてはまとまっていました。

が、キャストが豪華すぎて
ストーリーにパンチがなかったというのも正直なところ。

続編がありそうな終わり方だったので
もし2があるなら観に行ってもいいかなと思いました。
 
 
映画「るろうに剣心」原作との違いは?

1分でわかる「靖国神社参拝」問題

リヴァイ兵長サイドストーリー「悔いなき選択」あらすじ
 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す