小保方さん論文捏造疑惑を解く「スタップ細胞とは?」簡単まとめ

スタップ細胞論文の
捏造とかiPS細胞との違いとか、
結局のところ何がどうなのさ?を
1分でわかるようにズバッと説明☆

Sponsored Link

小保方さんのSTAP細胞も
山中教授のiPS細胞も
どちらも
「再生医療」に期待されています。

再生医療とは、
事故や病気で失った身体の一部を
細胞を増やして復活させる医療のこと。

ヤケドした時の
皮膚移植は有名ですよね。

でも、
現在では
手や足を失ったら
義手・義足をつけます。

ナメック星人のように
ズバッ!!!っと
腕が再生できればよいのですが。
スタップ細胞再生医療

実は、
STAP細胞もiPS細胞も
進化させられれば、
ピッコロさんのように
失った身体の一部を
再生することができるのです。

また、肉体の一部に限らず
遺伝子レベルの障害も
治すことができます。

STAP細胞で
遺伝子情報を
正しいものに書き換えることで
ダウン症などの
先天性障害さえも
根治できるとか。

めっちゃすごいやん!!!

Sponsored Link

ただし、
マウスの実験段階で
すでに気になることも。

STAP細胞は
身体が成長しきった後
つまり大人は再生できず、

iPS細胞は
大人にも対応できるが
再生した部分が
ガンになりやすい。

うーん・・・
どうしたものか。
これを今後もっと
研究しますよってことで
論文を発表していたのですが

捏造疑惑によって
STAP細胞は
研究がいったん止まってしまいました。

画期的な研究なので
疑惑を晴らして
研究を実用化して欲しいです!!!

以上、STAP細胞1分解説でした!
 
 
【注意書き】
厳密に言うと違う点もありますので、
「正しい知識を身につけたい!」
という方は、
専門的な雑誌をご覧ください。
 
 
こちらの記事もぜひ☆
コピーライターの仕事「リライト」とは?コピペ文章をオリジナルに書き換える
 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す