退職したら手続きをしよう!ハローワークに持って行くものをチェック

会社を辞める時、失業手当の手続きはどうすれば?
退職手続きや雇用保険、書類は?
気になることをまとめました。

Sponsored Link

次の会社を決めずに退職する場合、
「失業手当」をもらう手続きをしましょう。

受給手続きに必要なものはこの2つ。
1.雇用保険被保険者証
2.離職票

まず、このどちらも
「退職した会社から受け取るべきもの」
ということを理解してください。

※倒産して会社の代表者と連絡がとれない場合はまた別ですが

1の雇用保険被保険者証がなければ、受給手続きができません。
これは一般的に、退職日に会社から返却されます。
(失くした場合、会社から「ない」と言われた場合は
仕方ないですがハローワークで再発行手続きを行いましょう)
 
 
そして
2の離職票ですが、これは退職日に受け取ることはできず時間が少々かかります。

離職票というものは
STEP1 会社側が「退職者が出た」とハローワークに連絡する
STEP2 ハローワークが離職票を発行する
STEP3 あなたの自宅にハローワークから離職票が送られてくる
という流れで受け取れます。
(会社から受け取るものですが、
直接手渡しで受け取るのではなく
ハローワークからの郵送で受け取ります)

時期にもよりますが
会社側がハローワークに申請してから、
だいたい1週間くらいで自宅に届きます。

また、離職票は2枚あります。

<離職票1>
基礎的なデータが記載されているもの

・被保険者番号
・離職者氏名
・事業所名
・離職年月日
・生年月日など

※離職票1に、あなたが記載すること
・失業手当を振り込んでほしい金融機関名・口座番号など
・銀行印(ハンコ)
 
 
<離職票2>
退職理由や退職6ヶ月間の給料の額などが記載されているもの

※ここに記載された内容は
退職する際に会社から確認で見せてもらっているはずです。
この内容をもとに
あなたが受け取れる
「基本手当日額」や「所定給付日数」が決まりますから、
会社側との食い違いがあるとちょっと面倒。
しっかり確認しましょう!
 
 

Sponsored Link

 
 

ハローワークに持っていく物はこれ

上記の
1.雇用保険被保険者証
2.離職票
に加えて

3.身分証明証(運転免許証など)
4.自分の顔写真2枚(タテ3cm×ヨコ2.5cm)
5.印鑑(100均などで売っているものでOK、シャチハタNG)
6.預金通帳(失業保険を振り込んでもらいたい金融機関の通帳)
 
 

失業手当の申請は、いつからいつまでにすればいい?

ハローワークで手続きするのが遅くなってしまうと
失業手当の給付金をもらえない
無収入の期間が長くなってしまいます。

受給できる有効期限は
退職日の翌日から1年間と決まっているので
それを過ぎると
せっかくもらえるお金がもらえません。

また、
ケガや病気ですぐに働けない人、
妊娠していて出産日が迫り、30日以上の勤務ができない人、
妊娠していて体調が思わしくない人
に関しては
「受給期間の延長申請」というシステムがあるので
そちらを参照してください。

※この延長申請を行ってさえいれば、
ケガや病気から回復した時、
出産して働けるようになった時に
改めて申請すれば失業手当を受け取ることができます。
(最長3年間の延長が可能)
ただし、すぐにアルバイトが決まったり、
就職が決まれば受給できません。

申請の際の持ち物は
1.離職票
2.延長理由を確認できる書類
 (母子手帳や妊娠届、病院の診断書など他)
3.印鑑

これらを持ってハローワークに行くと
「受給期間延長申請書」の書き方を教えてくれます。
 
 
続いての記事は
「失業保険って、何日間もらえるの?」です。
 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す