一人暮らしは家電・家具を揃えるだけじゃダメ!防犯意識が大切です。

防犯グッズやアプリが
流行るほど、現代は危険がいっぱい!
ひとり暮らしの
先輩達が経験した事件を
知っておこう!

Sponsored Link

春から大学、社会人で一人暮らし。
そんな人もたくさんいると思います☆
一人暮らし防犯女性
今や男性でも
防犯対策が必要な時代、
女性の一人暮らしは
もっと怖いですよね。
 
帰宅途中の防犯や、
留守中の防犯は
テレビCMやポスターなどで
よく取り上げられていますが、
 
実は家にいる時も
危険にさらされているのです!
 
 

CASE1
夜10時の来訪者。水道局の方から来ました

 
ある女子大生が
夜お部屋でくつろいでいると
オートロックではない
玄関のインターホンが。
 
のぞき穴をのぞくと
作業着を着た男性がひとり。
ドア越しに声をかけてみると
 
「水道局の方から来ました。
排水の点検に来たので
・・・開けてください」
防犯対策01
 
とのこと。
 
女子大生は、
さすがに夜10時という時間帯もあり
男の敬語が
不審だったので
「開けられません、帰ってください」と
答えたそうです。
 
実はこの男は
点検業者を装い、
高額な水や浄水器を売りつける
けしからん業者だったのです。
 
そもそも水道局の人は
突然点検にきたりしませんし、
この男は水道局の『方』から来たのです、
決して水道局から来た人間ではありません。
 
 

CASE2
深夜に来る公共料金の集金人

 
社会人1年目のOLさんが
飲み会後に
自宅マンションに帰ってくると
扉の前に1人の男性が。
 
不審に思い声をかけると
「ガス代の集金です」とのこと。

あれ?引き落としの手続きを
したはずなのに・・・
そういえば、
初回分は引き落としに間に合わないかも
という注意書きがあったような。

OLさんは
相手を信じてしまい
その場で4000円を支払って
しまったそうです。

実はこれは
集金をうたう詐欺。
一人暮らし集金詐欺

公共料金の引き落としは
確かに
初回分だけは
間に合わない時があります。

しかしこの場合、
『振り込み用紙』が
郵送されてきて
ポストに届いているはずです。
集金詐欺02
 
公共料金の支払いで
人が集金に来ることは
ありません。
※一部の離島などのぞく

そもそも、
集金を含む営業行為はすべて
朝9時~夜7時までと
法的な決まりがあります。
意外と知られていませんが
「借金のとりたて」ですら
夜はダメなのです。
だから、まともな業者は
夜に集金に来ることはありません。
 

Sponsored Link

 

CASE3
のぞき穴のガラスがなくなっていた

一人暮らし防犯グッズ

ある女子大生が
お部屋の掃除中に
玄関のほこりが気になり
扉まわりを拭こうとしたところ、
なんだかドアに違和感が。

じっと見てみると
なんと
「のぞき穴」が
知らない間に外されていた
というケースがありました。

これは怖すぎます!
玄関扉に穴があいている状態に
なってしまっているわけですから、
外から
室内がいつでものぞける状態です。

間取りが1Kや1Rであれば、
もう完全に部屋のすべてが
外から見えます。

のぞき穴が偶然取れることは
まずありませんから
特にひとり暮らしの方は
一度玄関扉を確認してみては
いかがでしょうか。
 
 
このように、
ひとり暮らしには危険がいっぱい。

基本的に
知らない来訪者は無視する。
現金を直接手渡さない。
ドアや窓もきちんとチェックする。

一人暮らしの防犯マニュアル

これらを意識して、
安全に暮らしたいですね!
 
 
人気の記事はこちら!
ビッグダディのわかりにくい家庭事情を、すっきりさせてみた。
 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す