この漫画がすごい!「死役所」あらすじ・ハマる理由。シ村の過去が気になる

おそろしいビジュアルの表紙に興味を惹かれてしまった「死役所」。死んだ後に手続きをする場所・死役所を舞台に、感動も交えたストーリーがすばらしい!

Sponsored Link

舞台は、市役所ならぬ「死役所」

死役所コミックスあらすじネタバレ
此岸と彼岸の境界に存在する、市役所ならぬ「死役所」。ここは、自殺、他殺、病死、事故死、寿命、死産までありとあらゆる人が訪れ、死後に自分の死の手続きをする場所である。

死役所にいる職員は全員同じ理由で死亡していて、なぜ死後に職員として働くことになったのか、そもそも死役所の存在理由とは…死役所を訪れる人や職員が死んでなお「自分の人生はなんだったのか」と考える物語である。

「死役所」のここが面白い!

死んだ後に手続きをし、天国か地獄を決めるという死役所があるとしたら・・・?
交通事故で死んだのならば、ぐしゃぐしゃに折れた腕や足の状態で死役所にたどり着くという設定はおそろしすぎる。
死者は「まだ生きたかった」と思うのか、それとも「もういい」と思うのか。未知な世界であるからこそ興味を惹かれるこの漫画。

死役所という場所で、死んでから初めて言える本音などなど感動するシーンも多数。でもそれもすべて死後のこと。むなしく悲しい物語でもある・・・。

続きはどうなる?シ村の過去が気になる

主人公であるシ村の過去が少しずつわかってきていて、宗教になにか関係しているのか?などと正体不明の主人公の謎に引き込まれる。
物語がほぼ一話で終わるということで、飽きず気軽に楽しむことができる漫画だと思う。

漫画アプリの画像だけでは、ただのホラーだと思ってスルーしてしまいがちですが、人間の感情や人生のむなしさ、生きることについて考えさせられる描写がすごい!絶対におすすめ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

死役所 10 (バンチコミックス) [ あずみきし ]
価格:604円(税込、送料無料) (2018/10/24時点)

 

楽天で購入




スポンサードリンク



コメントを残す