コピーライターだって佐藤可士和さんの作った制服なら着てみたい!

カメラマンの先輩がつぶやいた。
「俺も、制服を着てみたい!!!」
※学生服ではありません、職業服です。

Sponsored Link


サラリーマンはスーツ、建築系は作業服、
女性に至っては女子社員の制服なるものがありますね。

クリエイティブ業界において
制服などはありません。

きっと
「みんな横並びで同じもの着ろって?
笑わせんじゃねーか」
という輩ばかりだからでしょう(?)

そういえば今年の春、
超有名デザイナー&ディレクターの
佐藤可士和さんがヤンマーとコレボレーションして
おしゃれすぎる農作業服を制作しましたね。

その名も、
ヤンマープレミアムアグリカルチュラルウエア
佐藤可士和の農作業服
(ヤンマーオフィシャルウェブサイトより)

かっこよすぎるだろう!!!

しかしながら
「やっぱり・・・」というか
値段が衝撃的。

ジャンプスーツ
男性用43,000円
女性用42,000円

作業服はわりと高いといっても
さすがのお値段です・・・。

Sponsored Link

突然「制服が着たい!」と言い出した
先輩カメラマン(40才男性)にも
この農作業服を一応勧めましたが
「オレ、カメラマンだしね!」とプライドが許さないようでして。

だいたいカメラマンの制服ってなんですかね、
渡辺陽一さんのようなベストですかね(笑)

CAMERAMAN

コピーライターなんて
カメラマン以上に制服が考えられない・・・。

まぁ、面接に赤いジャケットでくる人もいたくらいだから
何でも良いのでしょうが(@_@)

基本的に、ジャケットとかシャツに暗い色は持って来ないようにしていますね。
暗い色の服を着ていると、取材相手が緊張するらしいので。

佐藤可士和さん、コピーライターに素敵な制服考えてください!
 
 
こちらの記事もぜひ☆
アマゾンのスマホ「ファイアフォン/Fire Phone」をチェック!
 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す