小保方晴子氏コピペ問題を防ぐ「リライト」とは?文章を書き換える技

STAP細胞捏造疑惑から発した
「コピペ問題」を解決するのは、
文章のリライトしかありません。

Sponsored Link

とある文章を
「内容は同じ意味合いで
別の文章に書き換える作業」
これが『リライト』です。

アジカンのリライトではなく、
文章の変更の「リライト」ですよ。

でも一般的には
「てにをは」を変えるだけ、
文中の単語を別の単語に置き替えるだけ、
と勘違いされている方が
すごく多いです。

制作会社の人間にも
リライトは「てにをは」を変えるだけで良いと
勘違いしている人がたまにいるほど。

しかしリライトは
「Re Write」なので
生まれ変わらせることを言うのです。

Sponsored Link

 
 
では具体的に
「どの程度変えれば、
リライトなのか?」
をご説明したいと思います。

(原文)
大学1年生の夏休み、
何もすることがなかったので
毎日家にいた。
ある日電話がかかってきた。
A先輩からの誘いで
アルバイトをすることになった。
「バイトしない?給料が良いよ」
と言われて翌日行ったら
猛暑のライブ会場での
人員整理だった。
ここから僕の過酷な1週間が
はじまった。

(リライト)

大学1年の夏休みのことだった。
毎日家にいて、
ただ時間をもてあましていた。
そんなある日、A先輩から
アルバイトの誘いを受けた。
電話で「バイトしない?給料が良いよ」
と言われたので話にのった。
さっそく翌日顔を出すと、
そこは熱気あふれるライブ会場。
炎天下での人員整理という
過酷な1週間のはじまりだった。
 
 
このリライトは、
話の全体的な流れは変えずに、
単語や表現方法を変えるという例です。

原文の文章量や
話の内容にもよりますが、
冒頭から
「大学1年生の夏、
過酷な1週間を経験した」
という結論から入ってもいいでしょうし、

「忘れられない過酷な1週間は、
A先輩の1本の電話から始まった」
というような
含みのある表現にしても良いでしょうし、

核となる言葉が多いほど、
リライトの選択肢は増えていきます。

このように、
原文から「単語」も変更しながら
表現や言い回しを変えるのが
リライトです。

リライトは
コピーライターになって
最初に受ける「雑務」というべき
お仕事ですが、
ここで
てにをはを変えるだけで
提出するのか
まったく新しい文章にして
提出するのかで
自分に対する評価は
がらりと変わるので要注意です。
 
 
こちらもぜひ☆文章力向上の方法
 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す