将軍茂々を護る銀時vs高杉・神威。さっちゃんと全蔵は生き残れるか!?

将軍暗殺を阻止すべく、全蔵は友である影武者を斬っていた。
御庭番衆と将軍・茂々の過去が明かされる

Sponsored Link

将軍が城内で毒を盛られた直後、
すでに本物の将軍は伊賀の里へと匿われていた。
このひと月ほど、
御庭番衆や松平らが会っていた将軍は
影武者・影丸(御庭番のひとり)だったのだ。

将軍暗殺アニメ漫画原作あらすじ

仕組んだのは服部全蔵。

夜兎(春雨)の襲撃を受け、従うか戦かで二分する伊賀の里で、
裏切っていた藤林に賛同するかのようにうまく丸め込み、
そして百地には将軍を匿うようひそかに話を進めていた。

お庭番衆夜兎伊賀との戦

全蔵がひとりすべてを背負った理由はひとつ。
「将軍・徳川茂々を殺し、ただの徳川茂々に戻す」ため。

将軍の死を偽装し、将軍の官位を返上することで、
人間・徳川茂々の命を守ろうとしたのだった。

舞蔵の目の前で首を斬られた「将軍」は、
幼少期から影武者として生きてきたお庭番衆の仲間・影丸だった。

影丸は幼い頃、徳川茂々として連れ去られ、
そのまま命を失うはずだった。

だが、全蔵と猿飛は仲間を見捨てることができず、
影丸を救出にいく。

それを見ていた幼き頃の茂々は、
「影武者を助けたい」と
子供のお庭番衆を率いて影丸の救出に向かう。

銀魂お庭番衆過去あらすじ

賊のアジトに向かった御庭番衆と茂々は、
乱闘の末、茂々が影丸をかばい負傷。

血にまみれた茂々を見たのは、
世話役だった舞蔵だけであった。

そこからは傷がいえるまで、定々の目をごまかすために、
影丸は一カ月ほど徳川茂々として生活することに。

影丸は見捨てられるはずだった自分の命を、
危険をおかしてまで救ってくれた徳川茂々にずっと恩を返したいと願ってきた。

だからこそ、今回の影武者をかって出た。

全蔵に殺されるために、影武者として将軍になったのだった。

服部全蔵銀魂過去あらすじ

そして全蔵は、影丸を斬り、
将軍殺害の大悪人として名を汚す覚悟をした。

しかし舞蔵は、首をとられた遺体の胸を調べ、
かつて負った傷がないことに気づき、
本物の茂々が生きていることを悟る。

伊賀の里では、銀時らが百地から事の次第をすべて聞いていた。
将軍の生存は誰にも知らせるな、と諭す百地に対し、
銀時は
「奴らが将軍の首とったくらいでおさまるタマだとでも?」と危険を察知していた。
銀時将軍暗殺徳川茂

案の定、伊賀の空には阿伏兎ら春雨第七師団と、高杉ら鬼兵隊の艦隊が迫る。

すべてを知り、全蔵を助けるべく、
艦隊へと急ぐ猿飛あやめ。

全蔵や御庭番衆という友を犠牲にしたくないという茂々に対し、
剣を向ける銀時。

生きる事こそが彼らのためだと茂々をさとす。

そして、
茂々を夜兎から護るため、
銀時らは脱出を試みるのだった。

銀魂原作最新刊ネタバレあらすじ将軍暗殺

近藤・土方と散り散りになる万屋。

近藤から「将軍を護ってくれ」と託された銀時は、
「依頼料はしっかりいただく」と神楽・新八に言い、
将軍を連れて近藤らと離れる。

Sponsored Link

鬼兵隊の艦隊には、全蔵の姿。

茂々を殺していなかったことはあっさりと露見し、
マタ子や万斉らに取り囲まれる。

銀魂あらすじネタバレ将軍暗殺篇

伊賀の里への襲撃を防ぎ、
茂々を助けるために、ひとり戦う全蔵。

ボロボロになった全蔵のもとへ、
猿飛がかけつけ間一髪で救出する。

自分を置いて逃げろという全蔵に対し、
猿飛は「立ちなさい」と涙ながらにいう。

全蔵を「お頭」と呼び、
伊賀の抜け道まで連れ出すのだった。

銀魂アニメあらすじ原作ネタバレ

伊賀の里と外界をつなぐ洞窟の前までやってきた猿飛と全蔵。

しかしそこにはすでに、高杉が迫っていた。

高杉によって胸を貫かれる猿飛。

高杉銀時戦いあらすじネタバレ

さらにそこへ、
阿伏兎に置き去りにされたはずの神威が到着する。

沖田との死闘により大けがを負ったはずの神威は、
血のにおいを嗅ぎつけ嬉しそうにしている。

神威銀時神楽あらすじ将軍暗殺

瀕死のはずの全蔵は、猿飛を護るために夜兎らを相手に意地をみせる。

そこへ、近藤にすべてを託された銀時らがかけつけた。

銀魂原作ネタバレ画像あらすじ

もはや、くないも握れない全蔵。
だが、猿飛をかかえた茂々が現れ、
かつて全蔵が教えたように「しっかり握れ」と手を支える。

将軍茂々殺される影武者あらすじ

銀時は高杉と、
神楽は神威と対峙。

神威は余裕の表情で、
「久しぶりに再会した兄妹の挨拶がゲンコツだなんて、お兄ちゃんは嬉しいぞ」
と神楽の拳をモノともしない。
 
 
次のページへと続く「神楽vs神威」兄妹ゲンカの結末は!?
 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す