リオ五輪バドミントンシューズ奥原希望&早川賢一モデルはこれ!

2016リオオリンピックで、
女子シングルス代表・奥原希望選手が着用しているシューズは?
五輪モデルをチェックだ!

Sponsored Link

奥原希望選手のバドミントンシューズはコレ!

奥原希望(おくはらのぞみ)選手は、BWF世界ランキング最高位は3位(2016年3月17日)。リオ五輪の金メダル候補です。
そんな彼女の選んだバドミントンシューズは、ミズノ「ウエーブファングSS」

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ミズノ バドミントンシューズ ウエーブファングSS 71GA151045
価格:9936円(税込、送料別) (2016/8/13時点)

ミズノのバドミントンシューズの特徴は「足が疲れにくい」「幅広の足でもゆったり」で、
なんといっても日本人の足に適したシューズであることです。

もちろん、デザイン性ではアディダスとかナイキとか、おしゃれなのはいくらでもあるんですけれど、やはりミズノの安定感と信頼感はイチオシです。

このシューズは、ラバー(靴底の素材)がXGラバーという耐久性のあるミズノ独自の素材を使っています。スピードタイプモデルと称されるように、しっかりと床をグリップできるので、前後左右への動きがいずれもスムーズ!

しかもシューズの内部には、軽量化したミッドドール素材「POWNCE」が搭載されています。この素材は、バレーボールシューズに採用されている素材で、木村沙織選手ら女子バレーの代表選手が着用しているシューズと同じ素材です。
バレーもバドミントンも、何度もジャンプすると体重がどんどんシューズにかかって、シューズがへたっとなってしまうのですが、この素材は軽いのにヘタリにくいので履き心地が長持ちします。長時間練習したり、あんまり靴のメンテナンスとかしないっていう人には絶対おすすめです。

ちなみにミズノ「ウエーブファングSS」は、リオオリンピック男子ダブルスで出場する早川賢一選手も着用しているモデルです!
五輪カラーは、ブルー×イエロー×ブルーですが、白ベースのシンプルな同モデルもありますよ。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ミズノ バドミントンシューズ ウエーブファングSS 71GA151045
価格:9936円(税込、送料別) (2016/8/13時点)




スポンサードリンク



     

コメントを残す