O-157がうつるのはナゼ?調理時の盲点と不安な食材

冬にかけて「O-157」による食中毒が多発しますが、
なにが危険でなにが安全なのかは
意外に知られていません。

Sponsored Link

秋から冬は、イベントがいっぱい!
みんなでわいわい食事を摂る機会も増えると思います。

でも毎年ニュースになる「食中毒」は、
大人も子供もみんな不安ですよね。

O157特徴対策まとめ

そもそも「O-157」って何?

O-157とは「病原性大腸菌」の一種であり、その発生源は「牛」です。
牛の糞尿などに肉が触れることで、菌が付着したままになります。

もともと牛の肉の中にいる菌ではないので、あくまで「牛肉の表面」の話です。

O-157は
わずか100個程度が私たちの身体に入るだけで、
腹痛や下痢から始まる諸症状が出てきます。

O-157を身体に入れてしまった場合、
感染後4日後~1週間程度の潜伏期間の後に諸症状を発症します。

感染直後はまったく自覚がない人もいれば
2日後くらいで「何となくお腹が痛いなぁ」と感じる人も。

そのまま自力で回復する人もいますが、
こういう人はとても稀な存在で
ほとんどの人が病院に行かなくてはいけないほど苦しむことになります。
 
 

O-157の症状は、腹痛・下痢のほかにもある

O-157の脅威は、なんといってもその「しぶとさ」です。

たいていの細菌やウイルスは、
人間の胃の中に入ると胃酸に負けて死滅します。

また、冷凍庫で冷凍しても死んでしまいます。

ですがO-157は、
胃酸にも負けずに生き残り、その多くが確実に大腸までたどり着きます。

しかも「冷凍したお肉だから、大丈夫だよね」と思っているのも大間違い。
冷凍しようが、解凍して食べれば瞬く間に息を吹き返すのがO-157です。

O-157は、
大腸に届くと「ベロ毒素」というものを出します。

そうなると腹痛や下痢がはじまり、血尿や血便も出る可能性があります。
それでも病院に行かずに我慢していると、全身がけいれんを起こし、意識障害になることも。

自己判断で下痢止めを飲んで無理をしたら、とんでもないことになってしまいます。
 
 

O-157で、特に注意したい食べ物とは?

O-157の感染源は「牛」であると述べましたが
牛肉を使った料理をはじめ、牛肉を調理した調理器具で他のものを作った場合も同様です。

ですが
何もかもが危険というわけではありません。

食中毒と聞いて、まず思い浮かべるのは「生の肉」だと思います。

中がレアの「牛肉のたたき」や「ローストビーフ」は、
あぶないんじゃ?と思ってしまいますよね。

でも違うんです。

O-157は、調理の際に
「75度以上で1分間以上加熱すること」
さえ守られていれば大丈夫なのです。

おうちでローストビーフを作る人は珍しいですが、
実は
ローストビーフなどは調理工程で
75度以上で1分間以上加熱されています。

一見、生肉のように感じるものでも
O-157が付着している可能性があるのは「肉の表面」なので、
外側がしっかり加熱されていれば
むやみに怖がる必要はありません。

また「ステーキ」や「焼肉」は、
肉の表面が200度以上の熱で焼かれますから、
中がレアでも比較的安全に食べられます。

Sponsored Link

一方、
O-157が発生しやすい調理法として
意外に多いのが「ハンバーグ」です。

「100度以上の熱で、あれだけ焼かれているのに?」と、
疑問に思うのですが、
O-157は牛肉の表面に付着しているので、
もしもO-157が付着した牛肉をミンチ肉にした場合
牛肉の表面も中面も全部ごちゃまぜになって、肉全体が汚染されてしまいます。

もちろんそんなハンバーグでも
表面も中身もまんべんなく
「75度以上で1分間以上加熱すること」
さえ守られていば問題ないのですが、
ハンバーグの中面が75度以上にならない場合があるので要注意です。
 
 

もしもO-157に感染してしまったら?

具体的に何が原因で腹痛や下痢が起こっているのか、
思い当たる節がなくても、必ず病院に行ってください。

O-157で下痢が起こっている場合、
もしも市販の下痢止めなどを飲んで一時的には治まっても、
「下痢はO-157を外に出す機会」なので
数日後にさらに重い症状になる可能性があります。

「会社を休めない」
「試験で学校がある」
そういう事情で病院に行けない人もいると思いますが、
ほおっておくと入院が必要になり、さらに大変な目に遭います。

また、家族がO-157に感染していると、
共用のタオルを使うことや入浴などによって
家庭内に感染が広がってしまいます。

O-157はとても感染力の強い菌なので、
下痢になったらすぐに病院に行きましょう。
 
 
こちらの記事もぜひ☆

医者が教える「風邪を早く治す方法」とは?

すぐわかる「源氏物語」現代語であらすじをさらっと解説!

 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す