将軍暗殺編・さらば真選組編あらすじ~信女と天導衆、異三郎の因縁~

将軍・茂々が暗殺され、松平および近藤勲は投獄。
警察庁長官となった佐々木異三郎の真の目的が明かされた。

Sponsored Link

投獄された松平・近藤、そして桂を救うため、
真選組と攘夷志士、銀時らは手を組み「黒縄島」(こくじょうとう)へ向かう。

そこに現れたのは、
事実上のトップに君臨した佐々木異三郎率いる見廻組。

銀魂今井信女過去

佐々木異三郎は過去の因縁から、
真選組はもとより天導衆、そして自分自身もすべてを消し去ろうとしていたのだった。

しかし異三郎のもくろみに気付いた天導衆。
銀時が師である松陽を手にかけたときにその場にいた、
奈落最強の男・朧(おぼろ)は、侍たちを襲撃する。

銀魂あらすじ今井信女と骸

当初、今井信女は
沖田と斬りあいに興じていたが、
奈落の襲撃により敵を同じくすることとなる。

信女は沖田にいう。

「どうして戦うの
どうして抗うの
あなたたちは本当ならここにはいなかった。
生まれる前に消えるはずだった。

どうして異三郎に剣を向けるの」と。

新選組銀魂過去

かつて真選組は、ただの侍くずれの集まりであり、
彼らが警察組織に集められた理由は「捨て駒」としてだった。

夢を語り、まっすぐに進もうとする近藤らを見て、
松平と異三郎は次第に思いが揺らいでいった。

当時、政権は茂々のおじである定々にあり、
吉田松陽は牢獄に捕縛されていた。

今井信女奈落三羽骸

信女(骸)は、幼くして奈落三羽に数えられるほどの暗殺者だったが、
牢番をしているときに松陽に出会い、文字を習い、思想を教わる。

そんなとき、信女(骸)らに暗殺の命令が下る。
定々とライバル関係にあった、一橋親子を襲撃するというものだった。

その計画は、移動中の一橋親子を
警護にあたる真選組もろとも斬り捨てるというもの。

銀魂あらすじ徳川茂々喜々

すべての責任は、警護に失敗した真選組局長・近藤にかぶせて、
真選組はそこで終わるというプランだった。

異三郎は、生まれたばかりの娘の名前を考えながら、
この暗殺計画の指揮に関わることになる。

暗殺の実行部隊は、天導衆によって派遣された信女(骸)らこどもたち。
異三郎は、こんな子供に暗殺をさせるのかと、無表情ながらも感じる。

それを悟った信女(骸)は、異三郎に対して
「何も知らない子供が人を殺すのはおかしい?
子供のなのに人を殺す私、人を殺すのに生まれてくる子供の名前を悩むアナタ、
どっちももう道理からはずれてる」と話しかける。

銀魂てんどうしゅうあらすじ

Sponsored Link

いよいよ暗殺当日、近藤らは何も知らずに意気揚々と警護にあたる。
そこに天導衆ではなく、攘夷志士が襲撃にやってくる。

真選組は攘夷志士たちと戦い、一橋親子の籠を守り抜いた。

が、これは異三郎と松平が仕組んだことで、
籠の中にいたのは一橋親子ではなく松平だった。

異三郎は、真選組と信女(骸)ら子供たちのことも守ろうとしたのだった。

定々ら上層部には、
「予期せぬ攘夷志士の襲撃があり、暗殺計画は失敗」と
報告してすべてが終わるはずだった。

しかし、奈落はこれを見抜いていた。

異三郎は、メールの返信がない妻のもとへ急ぐ。
生まれたばかりの娘の名前を決めたから、と。

何度メールを送っても「送信できませんでした」の文字がつらなる。

妻のもとへかけつけたとき、
すでに現場は、妻の従者たちの血の海。

そこには、幼い信女(骸)がいた。

異三郎は妻子とともに、天導衆に消されるはずだった。
しかし信女(骸)は異三郎を斬らず、異三郎も信女を斬らなかった。

そして異三郎は
「時がきたら、その剣で私を斬れ。それが私の復讐だ」と告げる。
 
 
そこから信女は、異三郎のための暗殺を繰り返してきた。
ふたりはいつも行動を共にしてきた。

佐々木異三郎過去今井信女

そして、
見廻組が結成されたとき、異三郎は彼女に名前を与えた。
「今井信女」という名前を。

信女というのは、異三郎が娘のために考えていた名前だった。

異三郎はすべてわかっていたのだった。
妻と子を殺したのは、信女ではなかったと。
信女が殺したのは、妻と子を襲った奈落の手先であり、
自分の妻と子を守ろうとしていたのだと。

それでも自分の復讐のために、信女をそばに置き、利用してきたのだった。

黒縄島での最期の戦いで、
多くの傷を負い、ケータイのアドレス帳をすべて削除したとき、
それでも消せなかったのが信女の名前だった。

img043

異三郎は、近藤らに見廻組の隊士たちを託し、
奈落の刃を受ける。

信女は異三郎に「こんなところで死ぬなんて許さない」と語りかける。

すべてわかっていながら道具として利用したことを詫びる異三郎。

だが信女は、
例え敵であっても誰かに隣にいてほしかった、
独りぼっちになりたくなかった、独りぼっちにさせたくなかった、
私とあなたが隣にいる理由なんて
それっぽっちで足りるじゃない、と返す。
 
 
信女に支えられ、ようやく脱出の船にたどり着いたふたり。

だが、奈落の刺客は次々と襲ってくる。
ふいに後ろを取られた信女を助けるため、異三郎は自分が盾になり信女を守る。

そして、奈落の砲弾により、船の甲板は異三郎ごと被弾。
信女の無事を見ながら、異三郎は笑みを浮かべながら落ちていったのだった。

「信じてよかった。
友達がたくさんいて、みんなと仲良くできて、
優しくて頑固な信女さん。
メール、届きましたよ。」
 
 

☆銀魂あらすじ☆
銀時と高杉の過去「吉田松陽の死の真相」編

銀魂おもしろタイトルキャッチ厳選
 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す