信長協奏曲アニメ・漫画原作あらすじ第2話・3話

漫画「信長協奏曲」第2話・3話のあらすじ。
サブロー信長は、織田信長のことを知ろうとして歴史の教科書を探す。

Sponsored Link

信長協奏曲 第2話「兄と弟」

サブローは
恒興から提案をされる。

「いつまた信行様が襲ってくるかわからないから
先に暗殺してしまおう」と。

しかしサブローは
仮にも兄弟なのだから仲良くしないと、と平成の考えを示す。

信長協奏曲原作あらすじ第1話

が、サブローは織田信長についてまったく知らなすぎるため
「織田信長が何をした人物なのか」を詳しく知るために
タイムスリップしてきたときに失くしたカバンを探しに行く。

カバンの中には、歴史の教科書が入っていたのだ。

信長協奏曲原作あらすじ第1話

仲良くなった村民が
カバンを発見したところにサブローがかけつける。
歴史の教科書を手にしたサブローは
人生で初めて歴史と向き合うのだった。

が、
「おおまかなことがおおまかにしか書いていない」ということで
すぐに諦める。

信長協奏曲原作あらすじ第1話

その夜、実父が信長らのもとを訪れた。
身体が健康になった信長をみて父は大喜び。
「誰?」と聞く信長にも
冗談が言えるようになったかと感激し、
話の途中におかわりをする無礼な様子にも
おかわりできるほど健康になったとは、と涙を流して喜ぶ。

そんな父を見て、弟・信行は焦る。

父が厠(かわや/現代のトイレ)に立ち、
ふたりきりになったサブローと信行。

サブローは
信行に向かって笑顔で話しかけ、仲良くしようねと提案する。
信行はそんなサブローに恐れを抱く。

信長協奏曲原作あらすじ第1話

次の日、サブローは帰蝶を連れてデートにでかけていた。
もちろん恒興も護衛で行動を共にする。

信長協奏曲原作あらすじ第1話

帰蝶はサブローに、デートにでかけるのが何よりの楽しみだと話す。
すっかり惚れ込んでしまっていた。
 
 
サブローはデートの途中も、教科書を読んでいた。
恒興も現代の字が読めないものの
それを兵法書だと思い勉学にいそしむサブローを見守る。

が、それもつかの間、いつしか帰蝶がいなくなっていた。
周囲を探すと、打掛けが落ちていて
サブローと恒興は
信行の手のものによりさらわれたのだと悟る。

視線を感じたサブローは機転をきかし、
信行とその家来を馬で追いかける。

馬で並走し、城へ入ろうとしていた信行にとびかかり、帰蝶の居場所を問う。
信行はシラをきるが、
恒興につかまった家来が帰蝶の居場所をはく。

一部始終を見ていた父は
信行に寺での謹慎を命じる。

帰蝶を無事発見し、サブロー信長は事なきをえる。
 
 

Sponsored Link

信長協奏曲 第3話「竹千代くん」

サブローが信長として暮らすことが定着してきた頃、
人質として織田家に預けられていた少年がいた。

それが竹千代である。

竹千代はとても無口でおとなしく、サブローが遊ぼうとしてもおびえるばかり。

そんなとき、織田家に事件がおきた。

信長の腹違いの兄・信広が
今川&松平軍に捕らえられ、竹千代との人質交換を申し出てきたのだった。

その一連の任務は
サブロー信長にまかされた。

事の重大さがまるでわかっていないサブローは
竹千代に、
もうすぐ家に帰れるらしいよ、と良かったねという。

信長協奏曲原作あらすじ第1話

竹千代の話を聞いた帰蝶は
自分と境遇を重ね合わせ
幼い時から人質として転々とし、かわいそうだという。

だが帰蝶は
今は殿のおそばにいれるだけで幸せだと。

こんな仲の良い夫婦だったが
サブローがかばんの中に入れていた「エロ本」の存在が
危機をもたらす。

信長協奏曲原作あらすじ第1話

エロ本を偶然見つけた帰蝶は
わたしがおるのに
そのようなおなごが良いのかと泣き出してしまう。

サブローは仕方なくエロ本をもって外出する。

向かった先は竹千代のいる寺。

信長協奏曲原作あらすじ第1話

遊んであげるというサブローに
竹千代は振り回される。
冬の池に入れられて凍えるはめに。

サブローはお詫びにと
エロ本を竹千代に与える。

そしてそのあと
サブローが「天ぷら」だといって食べさせた
魚の素揚げに竹千代はいたく感動し
いつかこんなにおいしいものをたらふく食いたいと願うのだった。
 
 
その夜、サブローは竹千代の寺に一緒に泊まる。
そこへ信行派の家臣・柴田勝家が放った刺客がやってきて
竹千代を襲う。

サブローは間一髪で
仲の良い村人たちに助けられ
竹千代の命も守ることに成功。
 
 
しばらくして、竹千代と兄・信広との人質交換の日取りが決まった。

共に馬で向うサブローは
さらなる竹千代暗殺を企てていた柴田勝家に対し
何の疑いの目も向けずに
「竹千代は誰かに狙われている、守ってやってね」と笑みを浮かべる。

それを見た柴田勝家は
サブローが何か感づいているのではないかと思い
急きょ暗殺を中止する。
 
 
信長協奏曲原作あらすじ第1話

竹千代は信長に感謝の言葉をのこし
無事に人質交換は終了。

サブロー信長は見事に大役をまっとうしたのだった。
 
 
第4話あらすじへ続く
 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す