信長コンツェルトあらすじコミック第1話~戦国時代へタイムスリップ~

漫画「信長協奏曲」
第1話のあらすじ前編です。

Sponsored Link

信長協奏曲 第1話「サブロー信長」

高校1年生・サブローは
歴史にうとく、テキトーな高校生。

歴史の授業中、教科書をおでこに立てて遊んでいると
教師にあてられる。

「本能寺の変を引き起こしたのは誰か?」

その問いにサブローは

「あ・・・あいださん?」と答える。

過去の出来事なんて、俺の人生には何の関わりあいもないと開き直っていた。
 
 
その日の放課後、
友人と話しながら
塀の上を歩いて帰っていると
足をすべらせ転落。

これをきっかけに戦国時代へとタイムスリップしてしまうのだった。
 
 
戦国時代のある平野。

侍が馬に乗り駆けるその上に
平成の高校生・サブローが落ちてくる。

馬に乗っていたのは
織田信長。

なんとふたりは同じ顔だった。

信長協奏曲原作あらすじネタバレ

信長は馬にまたがったままサブローに願い事をする。

「そなた、その凛々しいツラを活かしてわしの身代わりになれ」と。

サブローはテキトーに了解する。

信長が去った後、
信長の近習で乳兄弟の池田恒興(いけだつねおき、通称:つねちゃん)が追ってくる。

信長協奏曲あらすじ感想ネタバレ

そしてサブローを信長と思い込み「殿」と呼び、
奇妙な姿(制服姿)に驚く。

また
信長の教育係である平手(通称:じぃ)もかけつけ、
身体が弱い以外は非の打ちどころがなかったあなた様が一体どうして・・・と嘆く。

信長コンツェルトアニメドラマあらすじ
 
 

Sponsored Link

 
 
信長の身代わりになることになったサブローは
信長として恒興と平手に城へと連れ帰られる。

サブローは制服から着物に着替えさせれ
じぃから小言をくどくど言われる。

しかしサブローは聞く耳を持たず、自由きままに振舞う。
それは恒興とじぃを困惑させるばかりか、家臣たちの間でも
「身体がよくなったら、うつけになった」と噂になる。

ここでチャンスとばかりに
家督争いをしかけるのが弟・織田信行。

信長コンツェルト映画ドラマ原作

以前の兄は、身体が弱い以外は申し分なく、
実父からも信頼が厚かったが
うつけになったとなれば話は別。罠をしかけるのだった。
 
 
ある日サブローが恒興の目を盗んで出かけようとすると
やはり見つかり説教される。

嫌気がさしたサブローは
「信長なんかやってられるか」
といい
高い木の上から飛び降りて現代に戻ろうとする。

信長コンツェルト原作あらすじ

木に登り、飛び降りたが
そこには妻・帰蝶(きちょう)がいてぶつかってしまう。

信長協奏曲きちょう原作違い

サブローは
「めちゃめちゃかわいいじゃないですか!誰?」と問う。

すると帰蝶の侍女に「ご自分の奥方に向かって誰とは!」と叱られる。
帰蝶はというと
信長が自分に関心がないことを嘆き、夫に愛されぬ妻などこれほどの不幸があろうかと涙する。

そこでサブローは
本物の信長が帰蝶と夫婦仲が良くなかったことを察し
「デートしよう!」と帰蝶を連れ出す。

信長協奏曲アニメドラマ原作ネタバレ

恒興と侍女を庭先に置いたまま
帰蝶を連れ、馬にまたがり出かけるサブロー。

その姿を見た恒興は途方に暮れる。

信長こんつぇると原作最新刊あらすじ
 
 
サブローは帰蝶を連れ川へ。
魚をつかみ取りするサブローを見て
帰蝶は
嫁いでから今初めて城の外へ出たと笑顔を見せる。

そこへやってきた恒興が
サブローに刀で襲いかかる。
「殿は頭がおかしくなってしまわれた!」と。

信長協奏曲池田恒興

サブローは運動神経の良さをいかして
恒興に応戦。

形勢を逆転し、
「信長は天下をとる男だぞ」と恒興を一蹴。
あまりの迫力に恒興は改心し、一生の忠誠を誓うのだった。

信長協奏曲原作ストーリー

この一件、裏で糸を引いていたのは弟・織田信行。
もくろみがはずれた信行は
さらなる一手を考えるのだった。
 
 
第2話あらすじへと続く
 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す