マイナンバー開始!会社に提出する義務はあれど、提出しなくても大丈夫な理由とは

マイナンバーのメリット・デメリットが話題になっていますが、
会社員の場合「会社に提出する義務」があります。
しかし。提出しなかった場合、どうなるのか?実は、これ、
お給料を受け取ることとはまったくの別問題なんです!

Sponsored Link

テレビ番組のマイナンバー特集では、
「マイナンバーは会社に提出しなくてはいけません!」と
かなり強調されて報道されています。

確かに、これは事実です。
では、
会社にマイナンバーを提出しなかったら、お給料はもらえないのでしょうか?

マイナンバー逃れる方法会社員

マイナンバー制度は、メリットよりもデメリットの方が明らかに大きい

政府は、マイナンバーのメリットとして、
「役所での手続きが簡単になり、待ち時間が減る」とアピールしています。

しかし、実際のところは、
引越しや各種申請手続きなどをしなければ
その恩恵に授かれることはないでしょう。

また、「年金の受け取りの間違いがなくなる」とも言われていますが、
今は毎年送られてくる年金特別便の通知をみれば詳細はわかりますから、
これも若年層のメリットとしては薄いです。

つまり、
まっとうに生きている人間にとって、
会社にマインバーを提出することは
流出の危険性によるデメリットの方が大きくなってしまいます。

 
 

見切り発車のマイナンバー制度では、個人情報の流出は避けられない!

マイナンバー制度の問題点でよく指摘されるのが、
「流出させた際に罰則がない」ということです。

また、他人のマイナンバーを聞き出して悪用したとしても、
聞き出しただけでは大した罰則はなく、罰金刑程度。
(それを使って詐欺を働くと、また別の刑事罰になりますが)

マイナンバー詐欺デメリット

自分のすべてを流出させるマイナンバーにも関わらず、
盗んだ相手の罪は、窃盗よりも軽いのです。

が、政府は、
マイナンバーの管理は企業任せ。
これほどの見切り発車では、会社からの流出は避けられません。

Sponsored Link

マイナンバーを会社に知らせなくても、給料は受け取れる!

さて、ここで本題に戻ります。

「マイナンバーを会社に提出する義務がある」これは紛れもない事実ですが、
実は
マイナンバーを提出することと、
給料を受け取ることはまったくの別問題です。

ほとんどの人がマイナンバーを隠しておくと、給料がもらえないと思い込んでいますが、
労働した分のお給料をもらうことは労働者の正当な権利であり、
「マイナンバーがわからない社員には、給料を払えません」というのは通用しません。

つまり、
会社にマイナンバーを提出しなくても、
お給料はもらえる
のです。

マイナンバー会社に提出しない方法
 
 
ここからは、
『マイナンバーを提出せずにお給料を受け取る方法』についてお話します。

会社の経理部門では、給与の支払いについて税務署に申告を行っています。
それにより、会社員は常に所得の管理がなされています。

これはマイナンバーがあろうがなかろうが、変わりません。

ですが、原則として2016年1月に受け取る給与からは、マイナンバーも申告が必要になってきます。
それでは一体どうやって、
マイナンバーを会社に教えずに給与の処理を行ってもらうのでしょうか?

それはとても簡単です。
経理の担当者が、備考欄に「マイナンバーの取得ができていません」と書くだけです。

これは、裏技でも何でもありません。
単純に、「マイナンバーが書いていないからといって、税務署に申告できないわけではない」からです。

ごく普通のおもて技です。

会社が従業員のマイナンバーを取得できていない理由は、税務署には関係ありませんから、
ただマイナンバーが記載されていないという事実だけが伝わります。

会社からは「早くマイナンバーを提出しろ」と言われるかもしれませんが、
記載しなくても給与の支払いとはまったく別案件ですから、
それによって個人に不都合が生じることはありません。

ただ、経理担当者からは
「こいつ、めんどくさいな」と思われるかもしれませんが・・・

マイナンバー制度開始時点で、全員にいきわたっているとは考えにくい。

2015年11月中旬時点で、
「マイナンバーが届いている家庭は、全体の10%」と
郵便局がすでに発表しています。

年末年始は、ただでさえ郵便局は大忙しなので、
もはや1月までにマイナンバーが届かない可能性は大いにあります。

ですから、
「マイナンバーがわからない!給料がもらえない!」
と焦る必要はありません。

何度もいいますが、会社にマイナンバーを提出したら、
もう流出は避けられないでしょう。
(自治体から流出するのが早いか、どっちかの問題でしょう)

どのみち自分の情報なんて、
すでに流出しているだろうと思う人もいるかもしれませんが
どっちかというと私はそう思っているのですが、

とにかく、会社にマイナンバーを提出しなくても給料はもらえるので安心してください。

 
 
このほかの記事もぜひ☆
1本1000円の「お~いお茶 玉露」って?まさかの高級茶の中身を大解剖!

すぐわかる「移民」と「難民」の違い。日本は本当に難民を受け入れない国なのか?

京都ラーメン「新福菜館」の黒い中華そば&チャーハンを食べてきた!
 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す