「mozu season1」新谷宏美・和彦の行方と、倉木千尋の誤算とは

大人気の「MOZU」も
第1章がいよいよ後編。
原作・百舌の叫ぶ夜をチェックしよう。

Sponsored Link

西島秀俊さんがかっこよすぎますが
原作の「百舌シリーズ」は5部作ありますね。

とても原作どおりには放送できないし
放送するなら
真木よう子さんは受けない!?と思います。。。

なので
あくまで西島さん演じる倉木警部を
中心としたストーリー展開にして
オリジナル要素を加えていくのかなーと。

自分巻き添えで
葵美(有村架純)が死んでしまったことで
記憶を取り戻した新谷宏美。

ここからどう進んでいくのか、目が離せません!

まずは新谷兄妹の過去をおさらい。

妹・宏美は、男。
記憶喪失だったのは「百舌」の方だった

新谷宏美は父親が異常性欲者で
男なのに女として育てられます。

もともと長女がいて死んで、その代わりとして。

そして。
「宏美」は父親に襲われそうになった日、父親を殺しました。

そこから
人を殺す快楽が忘れられず、
「宏美」の百舌が目覚めます。

兄・新谷和彦は
弟・宏美のために殺人の仕事を請け負い、
仲介していただけ。

実行犯は
宏美だったのです。

新谷和彦がガケから落とされる時、
赤井たちに向かって
「おまえらは百舌に殺される」と言いました。

その百舌とは
宏美のことだったんですね。

あの時、
宏美は現場にいて
兄を助けようとして赤井たちを尾行。
しかし助けることはかなわず、
自らも足をすべらせガケから転落。

記憶喪失。

宏美自身が
新谷和彦となって
「宏美」を探していたのです。

原作では
看護人にレイプされて
ショックで記憶を取り戻しますが、
ドラマでは葵美の死をきっかけに
記憶が戻ります。

そして残忍な百舌となり
中神らをみな殺しにして
その場を去ります。
 
 
一方、先にガケから落ちた
本当の「新谷和彦」は
死んだと思われていますが
原作では
北朝鮮の工作船に拾われています。

そして。
生き延びるために工作員になり、
その活動のために日本に再び入ります。

ドラマでここまでいくのかな。

でもシーズン1の場合は
ここまでやらないかな?

原作では、宏美は
ラスボスを倒す前に
病院での戦いでみな殺しを果たすも、
撃たれた傷がもとで死ぬ。

工作員として戻った和彦は
宏美が死んだことを知って
ラスボスを殺すことを誓う、といった感じです。

だいたい
原作なら倉木警部は
脳を手術されて
まともな人間でなくなるから
その間、西島秀俊出てこないんじゃ
ドラマが成り立たないし。。。

Sponsored Link

いやいや、このまま進んでも、よ。

西島秀俊かわいそうすぎだ。

実は倉木の妻・千尋は爆弾事件の真犯人

ドラマでもすでに
新谷宏美が筧を尾行して、謎の女を見失った時に
コートを脱いで建物から出てくる
千尋の後姿が映っていますので
もうお気づきの方もいると思います。

なぜ千尋が爆弾を使って
筧を殺さなければならなかったか。

それは、千尋は結婚前から
上司の室井(生瀬勝久)と不倫関係にあったことが原因です。

筧は、千尋と室井を
密会写真をネタにゆすっていた。

写真との交換条件は、サルドニア警備計画書。

筧はテログループの一員で
その警備計画書を手に入れ、
テロを起こすことが目的だった。

喫茶店で筧が合っていた女というのが
変装した千尋。
千尋が友達と会う約束をしたのは
自分のアリバイづくりのため。

そもそも結婚しても
不倫関係を終わらせたくなかったのは
千尋の方だった。

そして娘は上司・室井の子。

夫にそれがバレたと思い
娘は浴室ででき死。

ここで話を爆弾事件に戻すと、
筧の鞄に爆弾を仕込むまでは
千尋の計画通りだった。

そこで千尋は、
室井が用意していた爆弾を使って
筧の鞄に仕込ませた。

室井は命令したわけではないが、
千尋がそうするだろうと思って止めなかった。
自分の手は汚さない、どこまでも悪い男なんです。

しかし
友達と待ち合わせした千尋のもとへ
バッグに爆弾を入れたままの
筧が追ってきた。

これは偶然の出来事だった。

待ち合わせ時刻に
友達の1人が遅刻したこと。
ホームレスにからまれたこと。
この偶然によって
千尋は時間をロスし
筧に追いつかれ
爆弾が爆発し
千尋も死亡した。

原作通りでいくと
こういう筋書きです。

 
 
爆弾事件の真相・本当の黒幕は誰?もぜひ読んでください
 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す