「MOZU」爆弾事件の真相と犯人は?倉木の妻はこうして死んだ

木曜ドラマ「MOZU」を
原作ストーリーから読み解く
爆弾事件の犯人は?黒幕は誰だ?

Sponsored Link

爆弾事件が起こった理由。

それは、
倉木の上司・室井と
倉木の妻との不倫関係が
このふたりは
筧に脅されていた。

そこで
筧に2つの手が伸びる。

1つは若松警視が依頼した「百舌」。
筧を殺す隙を狙って
百舌・新谷宏美は筧を追っていた。

もう1つは
千尋が単独で起こした行動、
それこそが爆弾で筧を消すという手だった。
(室井が筧を消そうとして用意していた爆弾を
千尋が手に入れ、勝手に行動した。
室井は事件が起きてから、そのことに気づいた)

しかし千尋は失敗し、
自らも爆発の巻き添えになって死んだのだ。

なぜ
若松警視は筧を殺そうとしたかというと
理由はふたつある。
ひとつは
警察の不祥事(室井と千尋の不倫)で
サルドニア共和国の警備情報が
筧に流出するのを防ぐため。

そしてもうひとつは
若松警視の娘婿が
サルドニア共和国の反政府ゲリラによって
過去に射殺されていたから。
この反政府ゲリラは
筧の所属するテロ集団とつながりがあった。

Sponsored Link

そして若松警視は
森原法務大臣がバックに居て
将来「公安省」の設置をもくろんでいる。

この森原法務大臣が
最高権力を持つ黒幕です。

結果だけを端的に書くと、
室井は百舌・宏美に殺されます。
(宏美はその後、新谷和彦として死亡)

森原は
崖から落ちて
北の工作員として拾われていた
新谷和彦によって殺されます。

原作とドラマでは
作品の内容やそれぞれのキャストの
年齢設定、感情設定も違うので
ドラマは原作とは違う結果になるのでしょう。

今後のストーリーが楽しみです!
 
 
こちらの記事もぜひ☆
MOZU香川輝之さんの知られざる苦悩~歌舞伎界での孤独な闘い~
 
 
「MOZU」新谷和彦の闇は別の記事をご覧ください→「妹の正体」はこちら




スポンサードリンク



     

コメントを残す