ライター募集の罠に気を付けて!原稿料の目安とクラウドソーシング

フリーライターの原稿料と
クラウドソーシングの無意味さについて語ります。

Sponsored Link

フリーライターは
もはや「ペン1本で稼ぐ」という時代ではありません。

ペンよりパソコン、プリンターなどが必要です(´・ω・`)

フリーライター原稿料目安

わたしの場合
フリーライターとしての主な収入源は
およそ次の割合です。

ライター収入独立

もちろん
月によってそれぞれの仕事のシェアは変わりますが
だいたい5つほどのクライアントを均等に、という形でやっています。
 
 
フリーライターになると
前の職場からのシゴトはともかく、

人からの紹介というものがけっこう大切だと
実感しています。

Sponsored Link

各種原稿料の基準に関しては
・取材1本(拘束時間2時間程度、原稿3000文字~8000文字) 3万円~
という目安を自分の中で作っています。

知り合いからの紹介であれば
多少お安くはしたり、
全体量と継続案件かどうかをみて
その都度、原稿料を自分で設定します。

クラウドサービスや在宅ワークのサイトでは
「1文字1円~」のような
誰にでもできる簡単なお仕事です、という
Blog記事を大量生産するような仕事があふれていますが

正直言ってそういう仕事では食べていけませんから
やらないと決めています。

取材料原稿料目安基準

以前、ブログにお仕事の依頼をしてくださった方と
かなり不毛なやりとりをしたことがあります。

Blog記事の大量生産をする内容だったので
1記事400文字、10本で1000円程度の
激安なお仕事だったので
やんわりお断りしたのですが
それでもがんがんメールがきたのでこんなやりとりになりました。

私「せっかくのご依頼ですが、当方は本業のライターですのでこのような案件は受けることができません」
先方「プロのライターさんも、たくさん弊社でお仕事をされていますよ。」
私「こちらからのお見積りでは10記事で2万円~となりますが、よろしいでしょうか?」
先方「すみません、予算外です。コピペツールにひっかからない程度のリライトですので」

このやりとりすべてが不毛ですよね。

でも、たとえ会ったことのない相手であっても
やりとりが続く限りメールを無視したりはできません。

その相手から、今後、有益な仕事は絶対に来ないでしょう。
こちらの希望する原稿料がもらえることもないでしょう。

そうであったとしても
人としての礼儀を欠いては仕事はないと思うのです。
 
 
ちまたではよく
「クラウドソーシングサイトの手数料が高すぎる」
と耳にしますが

あれは自分でシゴトを取ってくる手間を
サイトが仲介してくれるので
手数料があるのは当然です。

問題は手数料ではなく
原稿料が安すぎることにあるのです。

掲載されている仕事の9割は
ブロガー程度の文章力でOKというものです。

もの書きとして生きていくと決めたら
その方向に行くのは違うと思います。
 
 
こちらの記事もぜひ☆
「コピーライターの仕事」~リード文の基本構成とコツ~

ライターのひとりメシ「倉式珈琲」編

ライターのひとりメシ「グリル小川」編

 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す