迷惑メール対策は「返さない」ただそれだけ!ライターの仕事はフィルタとの戦い

docomoであろうが、auであろうが、
softbankであろうが、
迷惑メールは万国共通
本当に来た笑えるメールは?

Sponsored Link


どこからか情報が漏れてしまったようで、
持っているアドレスのひとつに大量の迷惑メールが来ます。

もはや対策は
返さない
それしかありません。

迷惑メール対策
 
ほとんどが出会い系なのですが、
「あゆみです。アドレス変えました!」とか
友達にいそうな名前で攻めてくるメールは、
なかなか姑息な手法です(=_=)
 
しかし中には、
一体何が目的なんだろう?と
まったく意味がわからない文面も。
 
「寝る前に気になっていることを解決しませんか?」
 
これも何をどうしたいのかわかりません。
しかも送られてきた時間は夕方6時です。
就寝時間が早すぎます。
 
また、
「あなたの家に犬を送りました。」
 
かわいい犬
 
これに関しては、
届けられるのをちょっと期待していたんですが
1年経つ今も犬は送られてきません(p_-)
残念です。

Sponsored Link

時には迷惑メールではないメールも
入力した文章によって
誤って迷惑メールボックスに
振り分けられてしまいます。
 
その原因に特に多いのが、
会社のキャッチコピーです。
 
とある営業マンはメールの署名欄に
会社のキャチコピーやテーマをつけているのですが、
「新しい出会い」とか
「会いたいと思われる○○」とか
そういうワードが
迷惑メールフィルターにひっかかるのです。
 
昔の勤務先で
会社のキャッチが新しくなった瞬間、
多くのメールが
取引先に届かないという珍事が起きました。
 
まだ、ここにない、出会い。
というキャッチコピーのせいです。
 
もちろん、
「出会い」は
通常の意味では素敵な言葉ですよ・・・
 
しかしキャッチコピーを考える際には
怪しい意味になっていないか
慎重になってしまいます。
 
 
こちらの記事もぜひ☆
コピーライターの年収って?500万円を越えるには、アレが必要。
 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す