妊娠中に風邪で発熱!赤ちゃんに影響する体温は37度?38度?

妊娠中は免疫力が低下するので、風邪をひきやすい状態に。
でも、ちょっとの発熱で病院に行くものなの?
胎児に影響する体温の基準とは・・・

Sponsored Link

さぁ困った!薬が飲めないのに熱が出た。

妊娠中は、自分以外の遺伝子を持つ胎児に対して拒絶反応が出ないように、免疫力が下がっています。

どんなに気を付けていても、思い当たる節がなくても、

「なんか、熱がある・・・しんどいぞ」

そんな状態になってしまうこともあります。

妊娠中の風邪で熱治す方法

市販薬を自己判断で使用するのは、もってのほか。
お腹の赤ちゃんのためには、自分自身の治癒力でなるべく対処したいですよね。

そもそも妊婦は、平熱が高め。一体何度からキケンなの?

妊婦の風邪は病院に行くべきか

妊娠すると、妊娠前よりも平熱がやや高めになる人が多いようです。平熱が36.5~8くらいあるという妊婦さんもめずらしくありません。

では、一体どれくらい発熱するとお腹の赤ちゃんに悪いのでしょうか?

妊娠中も、微熱なら様子をみて大丈夫。

妊娠発熱風邪

妊娠中で免疫力が下がっている状態でも、37度台の微熱であれば2~3日療養すると快復します。

脱水症状が出ないように、水分補給を心がけてゆっくり休みましょう。

ですが、40度以上の高熱が3日以上続く場合は、羊水の温度も上がってしまい、胎児に影響が出る危険性があります。

インフルエンザやその他ウイルスに感染している可能性もあるので、まずは通院している産院に電話をして指示をもらいましょう。

この時、注意したいのは、むやみに産院に行かないということです。他の妊婦さんに感染を広げてしまう可能性がありますので、まずは電話で相談を。

 

★★★このほかのオススメ記事★★★

妊娠中・授乳中でも飲める!『栄養ドリンク』は?

店舗で買える!『アパレルブランドのマタニティウエア』を紹介!

 




スポンサードリンク



     

コメントを残す