子供の誘拐対策を本気で考える。世界最小紛失防止タグ「マモリオ」は救世主となるか?

『MAMORIO』(マモリオ)は、探し物を見つけるために開発されたわずか3cm程度のタグ。スマホやパソコン、自転車などの紛失防止のために造られたものですが・・・








防犯ブザーや携帯電話が捨てられたとき。子供の居場所はどう探る?

誘拐防止ツールで真っ先に思い浮かぶのは、防犯ブザーやGPS付ケータイ電話の存在。確かに手軽で便利ではありますが、もしも誘拐されてしまったとき、それは真っ先に犯人によって処分されてしまう物でもあります。

「予防」に重点を置くのはもちろん大事なんですが、親としてはどうしても「攫われてしまった後」のことも考えてしまいますよね。

そんなとき、世界最小紛失防止タグ「マモリオ」をランドセルなどに設置してはどうかと思ったのです。

『MAMORIO』(マモリオ)の機能はどう使える?

「マモリオ」は、なくしものをみんなで見つけるためのタグ。わずか3cm程度のタグなので、ぱっと見では位置情報付きの電子機器であることがわかりません。

「マモリオ」の特徴は、クラウドトラッキング機能。これは、マモリオを付けた物が発信する位置情報を活用して、大切なものをみんなで見つける機能です。

スマホのGPSのように、いついかなるときにも反応があるというわけではなく、たくさんいるマモリオユーザーがなくしものに接近するとアラームで位置情報を教えてくれるというものなので、都心部に住んでいないと発見がむずかしいという難点はありますが、防犯ブザーやケータイが捨てられてしまったときの最後の頼みの綱としては救いになる可能性があるかもしれません。

そして、かわいいお守りタイプのものや、長方形・正方形など「位置情報付きタグに見えない」ことが最大の魅力です。

 

お値段がものすごく高いものじゃないので、万が一のときのために付けておきたいなと思います。

 

単純に、スマホやパソコンにつけておきたい!

スマホがね・・・だんだんと小型化、軽量化するのはありがたいんですが、なくすんですよ。「あれ、どこいった?」ってなるんですよ!

あと、ロードバイクや子供のストライダーとか、置きっぱなしにしちゃったり盗まれちゃったりしやすい物にもつけておきたいですね。

バイクや原付にもおすすめです。盗難登録をしたところで、すぐに見つかるわけではありませんから・・・!

 

マモリオ、おすすめです。

 

 

 

 

 




スポンサードリンク



コメントを残す