化粧品が高い理由~1本3000円の口紅の驚くべき原価とは?~

日本の化粧品メーカーの数は、世界的に見て異常に多い。
その理由は、「儲かるからくり」にありました。

Sponsored Link

資生堂、KOSEなど大手メーカーをはじめ、
薬局やコスメショップで売られている中小メーカーなど
化粧品を販売している会社はものすごくたくさんあります。

「まったく売れていなさそうな化粧品もあるけれど、
儲かっているの???」と疑問に思ったことはありませんか?

例えば、メーカーの数もブランドも、製品そのもの数もとても多い「口紅」。

口紅原価いくら

同じブランドでも数多くのカラーバリエーションがあり、
光沢がある・ない、保湿成分がある・ないなど
一見どれも異なるように思えます。

が、実は製造にあたっての「原価」に関しては、
大手メーカーであろうが中小メーカーであろうが差はありません。

化粧品高い理由

1本3000円の口紅を例にすると、
その原価はなんと20円程度!

ではその他の価格は何なのか。

それは
・広告宣伝費
・テナント料
・人件費
そして「利益」です。

もちろん、原価20円でも良い製品ならば問題ないのですが

化粧品は、イメージ次第でいくらでも素敵な商品に見せることができる
という点が問題なのです。

有名女優やモデルをイメージキャラクターに置き、
製品そのものの質よりも
「素敵な女性が使っている」というイメージを先行させる。

このイメージ戦略次第でいくらでも高く売れるので、
化粧品業界はとても利益率が高い業界なのです。

ここが
「なぜ、これほど多くの化粧品メーカーが存在するのか?」の答えになります。

製品の質はほどほどに、イメージで何とかなるとなれば、
他業界のメーカーがそんな儲け話を放っておくわけがありません。

美容にこだわりのないメーカーが
ある程度の利益を上げるために、
とりあえず参入しているという現状があるのです。

私たちが商品を購入する際に、
「この女優さんが好きだから」と買うのが悪いわけではありませんし、
それは選択するときのひとつの指標ではありますが、

「高い化粧品だから安心」と思い込むのはキケンです。

化粧品に対して、
ある程度の諦めというか理解を持って選ぶことが大切です。
 
 
こちらの記事もぜひ☆
去年の年賀はがきを、未使用でも今年の年賀はがきに交換できない理由

話題の「姫路城」レポート!混雑状況・時間は?駐車場は?所要時間を調べてみた
 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す