失業保険を、自己都合退職でも早くもらう方法がある!

「公共職業訓練」を受けて給付金をもらう条件とは?
ハローワークで紹介されるこの制度には
自己都合退職でも
早く失業保険をもらえる&増やせることにつながります。

Sponsored Link

自己都合退職の場合、
失業給付金を受け取れるのは
申請から4カ月後。

正直、待ってられません。

そんな場合に使える制度が
「公共職業訓練」です。

この公共職業訓練を受けると
自己都合で退職してもすぐに給付金が貰えます。

しかもなんと
公共職業訓練を受けている期間が
失業保険の給付期間を超える場合は、
訓練の終わりまで
給付を延長することも可能。

職業訓練は
・1カ月
・3カ月
・6カ月
・1年間
のコースがあり
さらに
・2年間
というロングコースも一部存在します。

例えば、
失業給付金がもらえる期間が90日間の人であっても
1年間コースの職業訓練に参加した場合
90日間(3カ月間)+職業訓練を受けている期間の1年間
の計1年3カ月分の職業訓練が受け取れることになります。

けっこう手厚い就業支援ですので
活用しないのはもったいないです!
 
 

公共職業訓練校ってどこにあるの?

公共職業訓練校は
・国(社団法人など)の運営
・都道府県の運営
・都道府県から委託された民間の学校
大きく分けると3種類があります。

国の運営する公共職業訓練校は
厚生労働省のホームページ内にサイトリンクがあります。
こちら

東京都の公共職業訓練校は
TOKYOはたらくネットとサイトをご覧ください
こちら

大阪府の公共職業訓練校は
大阪府のホームページ内にサイトリンクがあります。
こちら
 
 
なかなか就職が決まらない、
希望する求人が見つからない、
そんな場合は職業訓練を利用するのがオススメです!
 
 
他にも色々な記事があります☆ぜひご覧ください。

コピーライターの初任給・年収

ライターになるには?求人や仕事、賞、アルバイトについて

編集ライターとは?メルマガライター、WEBライターなど「ライターの種類」はいっぱい

コピーライターになる方法~大学と専門学校の違いとは~

“転職で成功する方法は?大手企業と中小企業の違い
 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す