筋肉痛の原因とは?筋トレ嫌いなライターが知った衝撃の事実

筋肉痛ってどうしてなるの?
いろんな説がありますが、
実は2日後にくるのは
加齢が直接原因ではないという説も・・・!

Sponsored Link

バドミントンの試合に出るたびに
筋肉痛による激痛とも
戦っているライターです。

私の筋肉痛は、
約1週間続きます。

筋肉痛の原因01

ありがたいことに(?)
まだ翌日に筋肉痛はやってきます。
そしてひどい時は、
朝の試合の筋肉痛が
夕方早くもやってきます。

しかし!
「筋肉痛は早く来ればよい」
というワケではないらしいのです。

あるスポーツリハビリの先生にお話をうかがうと
早く来すぎる筋肉痛は
相当、身体に負荷をかけている証拠だそうです。

そもそも筋肉痛には

・筋肉の疲労によるもの
・筋肉の損傷によるもの

の2種類があり、
前者の「疲労」であれば比較的早く治るとのこと。

しかし、「損傷」の場合は1週間以上かかると。

つまり、
私がいつも戦っているのは
「損傷」の方の筋肉痛ということですね。

Sponsored Link

 
 
さらに先生いわく、
筋肉痛が2日後にやってくるという人は
「全力を出せなくなってきている」
かららしいのです。

私の場合、
自分の反応以上の球を
ムリして追っているので
筋肉が損傷しまくっていると。

それは
若いとか年寄りとか
そういう問題ではなく

たとえ
おじいちゃんでも
全力以上を出して動くと
翌日に筋肉痛が起こる
そうです。

人間は自分の活動を
無意識のうちにセーブする傾向があり、
年齢を重ねれば重ねるほど
「ムリしちゃダメだよ!!!」と
脳が身体をセーブします。

全力を出していないから
筋肉疲労がじんわり蓄積し、
2日後に
「なんか痛いんですけど・・・」
という状態になります。

しかし、
年甲斐もなく過度に身体をコキ使うと、
必ず筋肉痛は翌日にやってくるのです。

これはもう
筋肉痛が翌日に来るからといって
喜んでいる場合ではありません。

田児賢一バドミントン
田児賢一さんは
光の速度で動いているように見えますが、
筋肉痛にはなるのでしょうかね?

いくら勝ちたいからといって
やはり無理は禁物。

日頃からきちんと練習して
当日に備えるのが一番ですね!
 
 
こちらの記事もぜひ☆
イオンの2980円スマホのメリット・デメリット
 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す