風邪で食事はどうする?熱を下げるには厚着する?

風邪の時にお風呂は入っていいのか、
何を食べたらいいのか、そもそも食べない方がいいのか。
「医者は風邪で病院に行かない」衝撃の事実とは!?

Sponsored Link

ある日、病院で取材をしている時に
衝撃的な事実を知りました。

風邪は病院に行っても治せない

風邪の菌はその数200種類以上。
そもそも
常に人体には入りこんでいる存在らしく
症状が発動するかしないかの問題です。

薬を飲んで
・熱を下げる
・吐き気を抑える
・下痢を止める
・鼻水を止める
それぞれの症状に対して対策は可能ですが
根本的に
風邪を治すということはできません。

風邪の症状治し方早く 治す

「まじで~~」とため息がでることですが
残念ながら事実です。

風邪を早く治すには
・自分の免疫力を高める
・体力を取り戻す
これしかないのです。
 
 
では、私たちが幼少期から習ってきた
「風邪の時、お風呂に入らない方がいい」
「汗をいっぱいかいて寝ろ」
「食事は消化に良いものを摂ろう」
これらは正解なのでしょうか?

特に気になるこの3つを
検証していきましょう!
 
 

風邪の時、お風呂に入らない方がいい、説は

喉が痛い・・・などの
風邪の初期症状を確認したら
風呂に入らず即寝ることをオススメします。

なぜなら
お風呂とは(シャワーだけも込み)
想像以上にカロリーを消費する行動なのです。

普段は全然平気だし
お風呂はさっぱり&すっきりの印象しかありませんが
湿度・温度ともに高い環境で
立ったり座ったり上下運動を繰り返すのは
けっこうな運動量なのです。

特に、10分湯船につかる行為は
5分~10分のジョギング並みのカロリーを消費します。

もちろん、湯ざめしなければ平気という説もあります。

ただ、カロリーを消費する行為であることは事実ですので
濡らしたタオルで身体を拭く程度にしておくのが良いでしょう。
 
 

Sponsored Link

 
 

続いては、風邪は寝て汗をいっぱいかくのがいい説について

多くの人がやっている
「布団を二重にして、厚着して寝て汗をかく」この方法。

確かに
汗をかくことで身体の熱が出ていき
結果的に熱が下がることは事実です。

しかし。これをやっていいのは
熱が37度~38度まで。

39度を超えると
これ以上、熱を上げてはいけない域に達します。

そもそも風邪を引くと熱が出る理由は
熱による殺菌を目的として
身体機能が働くからです。

しかし。
熱による殺菌は
悪い菌だけに影響するものではありません。
良い菌も死んでしまいます。

「寒い」「悪寒がする・・・」
そういう状況は
これから熱が上がりますよというサインであり
熱が上がった後に効果的なのは
冷やす行為だけ。

また、汗をかいたまま放置すると
今度は身体の表面が冷えて
逆効果になります。
 
 

そして最後は、食事は消化に良いものを摂ろう説の残酷な真実

これもお医者さんから
衝撃的な言葉を聞きました。

「健全な大人は、1週間食わなくても死なねえよ!」

小さな子供や高齢者の場合は
すぐにエネルギーが放出されてしまうので
「栄養補給しなくては!」となりますが

標準的な体重で
栄養をたくわえられている大人なら
むしろ
風邪のときは
弱っている内臓を刺激しない方が良い、
つまり
固形物は食べないで
ポカリスエットなどの水分補給で良いとのこと。

お医者さんから
「ダイエットするのって大変なことでしょ?
風邪なら食うな。塩水飲んで寝ろ!」
と聞いた時はさすがに笑いましたが・・・。
 
 
いかがでしたか?
大人の風邪の治し方は
とってもシンプル。

風呂に入らず、
普通にあったかくして
ポカリ飲んで寝ろ。
です。

のどにネギでも巻きましょうか・・・。
 
 
風邪のときはコレ読んで寝よ!

ドラマ『信長協奏曲』のキャストで完全に盛られている秀吉さん。

漫画『亜人』あらすじ1巻~最新巻

鳥山明先生は、予告タイトルで全部内容いっちゃうからね

大阪ラーメン店☆おもしろ名店特集

ライターになるには!現役の視点で「求人や仕事、賞、アルバイト」を語る
 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す