余った年賀状はがきは、郵便局で交換できる?

年賀状の作成の季節です。
整理をしていると、古い年賀はがきで未使用のものが出てきちゃった。
そんなときはどうしたらいいの?にお応えします。

Sponsored Link

デジタル時代に年賀状は不要かと思いきや、
制作会社のデザイナーたちはけっこうがんばって年賀状を作って送ってきます。

毎年、そのクオリティの高さに
絵心も色彩センスもないライターの私は
なんだか切なくなってしまします。

もちろん、もらうと嬉しいんですが。

それに、
結婚すると
意外に年賀状ってやめられないものなんですよね。

親戚に送らないとなんだか・・・・。
だって送ってくるんだもん|д゚)

友達なら
メールやLINEで
さっと送ってしまうのアリですが。

年賀状今年交換方法

さて、そんなこんなで
今年出す年賀状の宛名整理をしようと
最新でもらった年賀状をごそごそあさっていると、

発見するのが「未使用の年賀はがき」です。

使っていないのだから、
今年の年賀はがきに交換してくれないかな?
そんな風に思いますよね。

素朴な疑問。
古い年賀はがきは今年の年賀はがきに変えてもらえるか?

結論から申しますと、ダメなんです。

古い年賀はがきは
新しい年賀はがきに変えてもらえないんです。

ただし、手数料5円(1枚につき)を支払うと、
普通の官製はがきには換えてもらえます。
また、切手にも換えられます。
ちなみに「換金」(返金)はできません。
手数料を差し引いた分でいいから返してよって思う人もいらっしゃると思いますが、
郵便局では「できません」としか言われませんのでご注意を。

ではなぜ、年賀はがきには変えてもらえないのでしょうか?
ただ郵便局がケチっているわけではありません。

そこには、交換できない仕組みがあるからです。

古い年賀はがきを、今年の年賀はがきに交換できない理由とは?

郵便局の年賀はがきには、
毎年のように「お年玉番号」がついています。

察しの良い方はもうお気づきのように、
もしも古い年賀はがきを今年の年賀はがきに交換できてしまったら、
お年玉プレゼントをゲットするためだけに
はがきの無限ループができてしまう
からなんです。

もちろん、
そんなにたくさん当たるかといえば
確率は高くはありませんが、
少なくとも毎年ある一定数の年賀はがきを買い続け、
未使用のままお年玉年賀はがきの当選番号発表を待ち、
当たらなかったものはすべて翌年のものに交換する。

こんなことが可能になってしまいます。

さすがにそれでは、
公平性の観点からも良くありませんよね(´・ω・`)

と、いうわけで。
年賀はがきの余りは、手数料5円を払って
普通のはがきに交換するのがベター
なのです。

【補足】
古いものを投函したからといって、戻ってくるわけではありません。
ちゃんと使えます。
ただし、受け取った人からすれば
「去年のが余ったからって使うなよ」とヒンシュクでしょう。
 
 
こちらの記事もぜひ☆
最終的に「のび太はジャイ子と結婚する」その理由とは!?

カフェ巡りレポート「たい焼きカフェ」編

かの有名な千利休が切腹した、あまり知られていない事情。
 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す