源外によるナノウイルス作戦。タマと金時との別れ

第608訓「ジャンプは月曜日、マガジン、サンデーは水曜日」

Sponsored Link

俺達ぁ明日世界が滅ぶとしてもジャンプを買いに走るバカだった

銀魂あらすじネタバレ画像68巻

解放軍から江戸城への砲撃、そよ姫を守るのは御庭番衆と松平率いる艦隊。

銀時らは真選組と合流し、解放軍と激戦を繰り広げる。

gintama69a007

御庭番衆は復活した全蔵を頭とし、亡き茂々の妹・そよ姫を守る。

gintama69a003

銀時「世界が滅ぼうが滅ぶまいが その手が届こうが届くまいがそんなもん関係ねェ それでも走んのが俺だった」

解放軍に命令が下る「地球人を終わらせろ」

宇宙最強といわれる三大庸平部族「茶吉尼」「辰羅」「夜兎」が襲来。

gintama69a004

gintama69a005

gintama69a006

解放軍は圧倒的な数を持って、地球人の制圧に入る。

 

609訓 爺さんは忘れてはいけないものを皺に刻む

地球に向けられた巨大砲を止めるべく、源外はからくりたちと作戦を決行する。

源外によって生み出された「ナノウイルス」により、敵の通信手段は絶たれ、すべての武器・機器はガラクタと化した。

gintama69a008

金時とタマは起動エネルギーとなる。

源外「攘夷戦争で俺達は天人に負けたんじゃねェ 天人の科学力技術力 からくりに負けたんだ」

「あのときの借り返させてもらうぜ」

「俺の愛した ポンコツたちと一緒に」

gintama69a009

源外のつくった最終兵器は、敵も味方もすべてのからくちを破壊するものだった。

gintama69a010

艦隊も大砲も、すべての機器が破壊・停止。

タマと金時もエネルギーを使い果たし停止する。

なおも歌舞伎町に押し寄せる解放軍

からくりの停止により、地球崩壊は免れたものの

解放軍の圧倒的有利は変わらなかった。

銀時らは押し寄せる解放軍の兵と応戦。

gintama69a011

宇宙での交渉にあたる坂本・桂は、クーデターを起こされ投獄された敵の元・総督を勧誘する。

gintama69a012

 

Sponsored Link

 

1000人斬ったら副長の座は俺のもんって事で。

真選組をはじめ、歌舞伎町全体が解放軍との戦いに挑む。

死地と化す歌舞伎町に、続々と万事屋の仲間たちが集結。

gintama69a022

ホスト軍団、キャバ嬢軍団、西郷率いるオカマたち。

gintama69a023

お妙のピンチをかっこよく救う九ちゃん。

そして柳生一門オールスターで登場。めちゃ久々。

gintama69a024

「わしら柳生流が将軍家御指南役ともてはやされたのは今は昔の話よ」

「幕府に捨てられたように いずれ世の中からも剣は忘れ去られよう」

「だがその最後の時を前に 天は剣にひかりをあててくれた」

「わしらの鍛えあげられた剣は 今この時のためにあったのじゃ」

gintama69a025

しかし庸平部隊・茶吉尼にあっけなく蹴散らされる。

gintama69a004

ハタ皇子に絶滅危惧種として保護されるマダ男。

宇宙では、投獄された紫雀提督と坂本らが手を結んでいた。

gintama69a012

そこへ、助けに飛び込むはずだった桂やエリザベスだったが、

解放軍ではない別の星の天人に囲まれていた。

ハタ皇子の手下が、地球の絶滅危惧種を集めるためにやってきていたのだった。

gintama69a013

銀魂68巻あらすじ後編に続く

 




スポンサードリンク



     

コメントを残す