銀魂最終章突入!~調味料は控えめに~

洛陽での決戦を追え、地球を目指す銀時たち。
しかし自らの死を、終わりを求める虚は、7つの惑星のアルタナを破壊。
地球は天人たちによって占拠されるのだった。

Sponsored Link

天導衆を殲滅し、アルタナを暴走させる虚

各惑星のアルタナは、その制御装置を天導衆によって掌握されていた。

天導衆を不死というエサで釣った虚は、
彼らの肉体に刻まれたアルタナの鍵を手に入れると、
7つの惑星のアルタナを暴走させる。

IMG_1554

壊滅的なダメージを負わされた各惑星のアマントたちは、

解放軍と称して天導衆がいる地球を占拠する。

すでに天導衆は虚によって皆殺しになっているが、地球への攻撃は停まらない。

万事屋銀ちゃん復活!桂&坂本は解放軍と交渉へ

地球へ戻った銀時ら万事屋一行は、傍若無人の解放軍に対して反撃を始める。

歌舞伎町の仲間達も参戦し、解放軍を街から追い出す。

IMG_1597

銀時の前に現れた虚は、自らの血を与えた人間を使って銀時らを襲撃する。

FullSizeRender

虚は解放軍にも攻撃を仕掛け、地球に攻め込むよう星崩しを始めた。

IMG_1594

解放軍と戦う銀時たち

一方、桂と坂本は、徳川喜々を連れて解放軍との交渉へ向かっていた。

IMG_1556

 

FullSizeRender_1

 

IMG_1559

トイレに行きたいがあまり、解放軍に強気で交渉する喜々。

解放軍を指揮する紫雀(しじゃく)はその強気の姿勢に戸惑うも、交渉は難攻。

そこへアルタナが破壊された知らせが入り、紫雀の隣国の王子である圓翔(えんしょう)は妻の死を知る。

妻と国をも失った圓翔は、天導衆の支配を終わらせようと解放軍を鼓舞する。

交渉決裂!解放軍を止めることはできるのか

桂たちの交渉に応じ、地球から手を引こうとする紫雀だったが、

国を、妻を奪われた圓翔の憎しみはとまらない。

gintama670025

虚に始末された天導衆の無残な姿を目の当たりにし、もはや地球に戦を仕掛ける理由がないことが判明した後も、

解放軍を扇動して地球へと侵攻を続けようとする。

天導衆の死骸を見せられた紫雀は、戦をやめたくない圓翔に幽閉される。

桂、坂本らも捕縛され投獄されるが、そこで紫雀を勧誘する。

地球では、虚の星崩しが始まる

gintama670022

虚の襲撃に、解放軍の襲撃。

銀時や信女は必死の抵抗をみせる。

gintama670024

虚「この期に及んで君たちが変えられるのはその終わり方だけ」

「その剣を引き星と共に終わりを迎えるか」

「その剣で私と戦いここで終わるか」

gintama670026

FullSizeRender

虚と解放軍を同時に相手にできないと判断した信女は、銀時らを逃がす。

信女「異三郎」

「あなたのいなくなったこの世界にも 私のいる意味はあったみたい」

真選組復活!山崎がまさかのランボー化

江戸城では混乱の中、茂々の妹・そよが城の留守を預かると宣言。

gintama670030

そよ姫と城を守るのは、全蔵たち御庭番だった。

一方、解放軍によってピンチに追い込まれる銀時。

銀時は虚に剣が届かない。

「走っても 走っても 前に進んでる気がしねェ」

絶望に染まり駆けたそのとき、真選組が窮地を救う。

gintama670027

「勝手に終わってんじゃねェ」

「前見ろ」

「剣握れ」

gintama670028

gintama670029

「この国はまだ終わっちゃいねェ」

銀魂68巻あらすじへと続く

 

 




スポンサードリンク



     

コメントを残す