FIFAブラジルワールドカップ直前!日本代表メンバーでエクセルを覚える。

Excelの関数ってどう使うの?
練習で使う「お題」によって、
もっと楽しく!もっとスムーズに習得できる!
新人研修指導の経験から伝授します☆

Sponsored Link


以前、勤めていた会社では、
毎月営業マンが入社してきました。
 
パソコンが使えないと
得意先への資料が作れないということで、
 
私は企画部の人間にも関わらず
研修担当のひとりとして狩りだされました。
 
でも、体育会系の新人たちは
気合いはあれど
なかなか身につかない・・・。
 
仕事でメモ
 
どんなにメモをとっても
やってみなければはじまりません
  
特に、まずVLOOKUPでつまづきます。
VLOOKUPとは、
例えばAさんという名前をヒントに
Aさんの情報である
誕生日やら
住所やら
年齢やら・・・
様々な情報をスマートに整理するために使います。
 
 
そこそこExcelを使いだすと
まずこのVLOOKUPを覚えようとします。
 

Sponsored Link

しかし
なかなか本を見ていても覚えられません。
 
 
そこで私が気がついたことは、
 
お題に興味がないから、覚えられないんだ!
ということです。
 
GiantKilling (4)
何事も楽しまねば。
 
 
よくみかける
Excelの関数のお題といえば、
だいたいこんな感じ。
 
excel-vlookup
 
営業部のだれそれが、何件契約をとったとかの
「誰やねん、知らんがな」という表です。
 
これから関数を覚えようという人間に、
興味のかけらもない内容で練習しても
身につきません。
 
まして、
やってみたものの
正解・不正解がわからなければ
よけいなストレスがかかります。
 
そこで!
 
例えば
サッカー日本代表のプロフィールを
題材にしてはいかがでしょうか?
 
excel-vlookup1
こんな感じで。
 
この表を使って、
VLOOKUPで「川島選手のポジション」を探そうと思います。
 
 
まずは。
川島選手の名前を「検索値」として設定します。
そして、データがある場所を「範囲」として選択します。
 
excel-vlookup3
 
次に「列番号」ですが、
データを見てもらって、
川島選手の名前から見て、
名前も含めて1.2.3列めに
欲しい答(ポジション)がありますから
「3」と入力します。
 
最後に
「検索方法」ですが、
これはもう
だいたい「0」しか使わないです。
(完全一致の場合に、答えを持って来てねという意味になります)
 
OKをクリックすると
 
excel-vlookup4
 
川島選手は
GKであるということが
導き出されます。
 
このように自分が好きなお題であれば
もし間違った答が表示されたなら
すぐに間違っていることがわかります。
 
どうでしょう?
もっとExcelを使えるようになりたいと
思っているなら
好きなお題を選んで
レベルアップを目指してみてはいかがでしょう?
 
 
ちなみに
私はサッカーは
あまりよく知りません(笑)
例えばということでお送りしました。
 
 
こちらの記事もぜひ☆
ブラジルW杯日本代表23名リストはコチラ!
 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す