ドラえもんで最終的には映画化してほしい、のび太の未来

ドラえもんの最終話は
のび太が植物状態で全部夢だったとか色々言われていますが
それよりも気になるのはジャイ子との結婚です。

Sponsored Link

ドラえもん最終話最終回予想

ドラえもんが連載を開始したのは、45年以上前のこと。
冴えないのび太のために、子孫がねこ型ロボットを送り込んだことから
ストーリーは始まる。

ドラえもんがやってきたとき
のび太は自分の将来を聞き、愕然とする。

大好きなしずかちゃんではなく
いじめっこのジャイアンの妹で容姿に難があるジャイ子と結婚することを知ったからだ。

ドラえもんのび太将来結婚

が、よくよく考えてみよう。

小学生の思考でいくと
・しずかちゃんと結婚できない
・お嫁さんはブスのジャイ子
という2点だけで十分絶望するのだが
大人の思考でいくとこの未来は案外悪いものではない。
 
 
まず第一に。
写真に映るのび太はけっこう幸せそう
であるということ。

初めてみたら
ジャイ子の成長した強烈な姿に気をとられがちだが
実はけっこうふたりとも幸せそうに微笑んでいるのだ。

それに。
ふたりの間にはたくさん子供がいるということ。

もしもジャイアンに強制的に結婚させられたのだとしても
日々のジャイ子との生活が苦痛であるならば
ここまで子供はいないだろうし、こんなに幸せそうに笑うことはできないはずだ。

子孫のうちひとりが
「のび太の未来を変えてやる」とドラえもんを送り込んだとして
のび太がジャイ子と結婚しなければ
送り込んだセワシ本人もその他の子孫も
数十人ないし数百人が消滅してしまう

こんな未来をはたしてセワシくんは望んでいるのだろうか。
 
 
そもそも論でいくと
セワシは本気でのび太の未来を変えるつもりだったのだろうか?
という疑問にぶちあたる。

もしも自分の存在が消えたとしても
のび太の未来を変えたいと思ったのであれば
ドラえもんよりも優秀なロボットを送り込んだはずである。

『2112年ドラえもん誕生』の設定では
ドラえもんは製造過程ミスによって、頭のネジが一本欠落した状態で出荷されている。

ロボット学校でも落ちこぼれの存在。

ドラえもんを個人として考えるならそれも個性だが
ロボットという機械で見ると明らかに欠陥品。

果たしてこのロボットで
何とかなると本気で思っていたのだろうか?

Sponsored Link

 
 
そして。何より
ジャイ子と結婚することには
かなりメリットがある
とも考えられる。

将来、ジャイアンは大手スーパーのオーナーになる存在。

横柄で乱暴者だが、手腕は確か。

そして何より、こういう人物は将来的には
身内にとても優しく情に厚いタイプが多い。

よって、ジャイアンはのび太&ジャイ子の心強い味方となるだろう。
ジャイアンにとってかわいい妹であるジャイ子だからこそ
その婿であるのび太や子供たちの面倒を見てくれる
頼もしい親戚になることは間違いない。
 
 
つまり、のび太はジャイ子と結婚した方がいいのだ。

また、出木杉君の立場を考えてみると
子供のころから真面目に努力を重ねて生きてきて
それなのに静香ちゃんと結婚する未来を強制的に変えられて
こんな理不尽な結末はない。

なんなら
事態を知った出木杉君の子孫からも
ロボットが送り込まれるかもしれない。

これらを考慮すると
最終的には心の優しいのび太は
「ジャイ子と結婚するよ」と自ら決断をする最終回が良いと思う。

おわり
 
 
「銀魂」コミック58巻で明かされた銀時の過去

「信長協奏曲」原作あらすじ1話~

千利休が切腹させられた3つの理由と秀吉の時代の終焉
 
 




スポンサードリンク



     

コメントを残す