アトピー・花粉症を遺伝しないさせない!かゆみも頭痛も喉の痛みもなくなる妊娠中の研究

アトピー性皮膚炎や花粉症を妊娠中に子供に遺伝させないために予防できるとしたら?国立成育医療研究センターなどの研究チームが発表した内容によって、来年からついに悩みが解消されるかもしれない。








赤ちゃんの花粉症やアトピーを妊娠中に予防できる!?

アレルギー体質かどうかは、免疫グロブリンE(IgE)と呼ばれる物質をたくさん作るかどうかによるそうで、これは生後3カ月までに決まるらしい。

よく「大人のアレルギーとはコップに入る水の容量」に例えられるが、(コップの容量に個人差があり、同じ量の水/アレルギー物質を注いでも溢れる/症状がでるかどうかは人によるという説)生後3か月という早い段階でそれが決まってしまうとは……!

でも。

国立成育医療研究センターなどの研究チームによると、妊娠中に「予防接種」を受けることで赤ちゃんがアレルギー体質にならないようにするしくみをマウス実験で見つけたという。妊娠中の母親マウスに薬を注射すると、胎児マウスの体内では、ほとんどIgEが増えないことが確認され、これを人体に適用するようさらに実験を進めるらしい。

これが確立されて広まれば、もう花粉症やアトピーで悩む人はいなくなる?

実用化は数年以内!アレルギーが死語になる日は来るのか

アレルギー反応は、花粉や食べ物など本来無害な物質が体内に入り、抗体の免疫グロブリンE(IgE)に結合することではじまる。「細胞を自殺させる」ことでもあり、日本では2人に1人がなんらかのアレルギーを持っているといわれている。

特に大人になってから発症するアレルギーは強力で、40代になってから花粉症や皮膚炎、また小麦アレルギーになったという人も多い。
「これまで大丈夫だったのになぜ今頃!?」と突然やってくるのがアレルギーなのだ。
くしゃみや頭痛、鼻水、皮膚のかゆみ、湿疹など症状は人それぞれだが、もし妊娠中にアレルギー体質にならないように予防できる技術が確立すれば、「アレルギーとか(笑)おばあちゃんかよ」みたいな感じで昔のことのように言われる時代が来るかも!?

実用化は数年以内、とされていて期待が高まります!

とはいっても、もう生まれちゃった私たちにはそこからさらに研究を進めてもらうしかないんですが。

どうか世の中からアレルギーがなくなりますように・・・!

 

 

 

 

 




スポンサードリンク



コメントを残す